ドッカンバトル『気絶』最強キャラを徹底解説!

スポンサーリンク

 

気絶特化で考えた場合、ドッカンフェス限定キャラは含まれないため比較的手に入れやすいでしょう。

特に1位のブルー将軍は少年編ガシャで手に入る上SRキャラなので、天下一武道会さえちゃんと参加しておけば手に入れることはできるはずです。

どのキャラも気絶させるには必殺技が発動することが条件になります。

リーダースキルなどで気力を上げておき、必殺技を連発できる状態にして戦いに挑むことが大切になります。

気絶に関して最強のキャラとはどういうキャラがいるのでしょうか。そのトップ3と理由を解説していきます。

気絶最強上位3キャラ

1位・・・蒼い眼光 ブルー将軍【知】

2位・・・執念の追撃 ブルー将軍【知】

3位・・・勝利の光 超サイヤ人孫悟空【体】

 

その他・・・第6宇宙最強の殺し屋 ヒット【知】

禍々しき野望 魔神ドミグラ【知】

 

選定キャラのそれぞれの理由

1位:蒼い眼光 ブルー将軍【知】

このキャラの最大の特徴は必殺技発動時の気絶効果の確率です。

確率は『超高確率』となっており、確率の中では最高の確率です。

必殺技発動時はほぼ間違いなく相手を気絶させられるため、気絶を狙うときはぜひ入れておきたいキャラです。

そしてパッシブスキルでも『まれに敵全体を気絶状態にする』という気絶特化のスキルを持っているため発動すればブルー将軍より先に攻撃される順番であっても相手の攻撃を封じれます。

まさに気絶に関しては最強のキャラと言えます。

 

2位:執念の追撃 ブルー将軍【知】

2位もブルー将軍なのですが、やはり必殺技発動時に超高確率で気絶させられる能力が選定理由です。

そしてダメージも特大ダメージを与えられるため、攻撃力に関しても1位のブルー将軍を上回るのです。

しかし、パッシブスキルは『中確率で敵全体のATK20%DOWN』となっており、気絶させられることはできません。

気絶に関してパッシブスキル発動時にも気絶させられる1位のキャラと比較した時、やはり1位のキャラに軍配が上がるため2位としました。

 

3位:勝利の光 超サイヤ人孫悟空【体】

このキャラは必殺技発動時に高確率で気絶となっており、ブルー将軍と比較すると確率は劣ります。

しかしそれでも高確率で気絶させられるためランクとしては上位に位置し、かつ特大ダメージを与えられる攻撃力も評価できます。

 

その他:第6宇宙最強の殺し屋 ヒット【知】/禍々しき野望 魔神ドミグラ【知】

この2キャラは必殺技こそ『まれに気絶』という低確率なのですが、パッシブスキルにより『攻撃した敵を高確率で気絶させる』という能力を持っています。

効果はそのターンしかありませんが、気力が足りず必殺技が発動できない状況でも相手を気絶させることができることが評価されます。

 

スポンサーリンク

入手方法や育て方、扱い方など

1位のキャラは天下一武道会開催時期に回せる『少年編ガシャ』で手に入ります。

SRキャラなので比較的入手しやすく、手に入れたら早いうちにZ覚醒もさせてベースのステータスをアップさせておきましょう。

超高確率の気絶効果を持っていますが、そもそも必殺技が撃てなければ何の意味もありません。

ですので、知属性の気力をアップさせられるリーダースキルで気力を+6させたチームに入れておくことをお勧めします。

必殺技も中ダメージなので火力は全く期待できませんが、毎回必殺技を撃って相手を気絶させ続けるという働きをさせると良いでしょう。

 

2位のキャラはレアガシャで手に入ります。

手に入れたらこちらも早めにZ覚醒させ、チームに組んでも他のキャラにあまり劣らない状態にしておくと良いでしょう。

そしてこちらも必殺技が撃てなければ意味がないため、気力をアップさせられるチームに入れておき必殺技を撃ち続けられる状態にしておきましょう。

 

3位のキャラもレアガシャで手に入ります。

パッシブスキルでは『HP80%以上でATKとDEF3000UP』となっており、戦力としても非常に役に立つキャラなのでZ覚醒させてやりメインキャラの1人としても使えます。

さらにリンクスキルでは『金色の戦士』や『臨戦態勢』があるため気力も上げやすい特徴があります。

ベースの気力もリーダースキルでアップさせておけば、たやすく必殺技を連発させることも可能です。

 

その他のキャラもレアガシャで手に入ります。

手に入れたら早めにZ覚醒させ、気絶させたい戦いに連れていくようにしましょう。

パッシブスキルによる気絶効果はそのターンしか及ばないため、このキャラだけで気絶させ続けるのは非常に困難です。

気絶重視の戦いなら、このキャラ以外の気絶キャラを入れておき、力を合わせて戦うようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク