2019年6月28日

サッカー4級審判講習会に行ってきた!講習内容やスケジュール、学べること

練習試合で審判をやってみると、「あれ、どっちのボールだっけ?」
「この場合って、フリーキックってとるべきかな?」など、ジャッジをしないといけないというプレッシャーで曖昧な判断をしてしまうときってありますよね。

その迷い、講習会を受けると変わりますよ!変わるというのは意識です。「迷わなくなるまでルールをしっかり覚えないといけない」「毅然(きぜん)とした態度で選手と接しないといけない」というふうに意識がガラッと変わると思います。

今回4級審判講習会を受けてその覚悟ができました。当日の様子お伝えしてきます!

4級審判講習会のスケジュールや持ち物

4級審判講習会

4級審判講習会のスケジュールとしては

9:30-10:00  受付
10:00-12:00 講義
13:00-15:00 講義
15:00-15:30 確認テスト

というような流れでした。(本当は17時までとなっていましたが講師の方がギュッと凝縮してくださり早く終わらせてくれました)

50分講義をして10分休憩の繰り返し。私が受けた講習会の講師は、審判暦30年というベテランの方でした。ホワイトボードを使って、審判で実際に利用するホイッスルや旗、電光掲示板などを用いながらの実践をイメージさせながら進める講義でした。

「試合中のこの場面では!・・・」など双方で理解しながら、本番の試合をイメージして聞けるので非常に面白く学ぶことができました。

持ち物は、受講票・筆記用具程度。受講票のコピーは、千葉県の場合は不要でした。会場によっては、異なるので事前に確認をして下さい。

講習会の内容

講義は、17条あるルール(改定後は18条)について1つずつ噛み砕いて実践をイメージした講義。教材に書いてあることより講師の方の実践の中で得た知識や考えがいくつも頭に残りました。

オフサイドは一番難しい

4級審判講習会 オフサイド

上の赤枠には、

味方が出したパスを受けてプレーをしたらオフサイド。つまり、

サッカー オフサイド

味方が出したボールを、オフサイドラインを越えて受け取ったらオフサイド。これは、サッカー経験者あれば知っていますよね。

でも、パスを受けなくても相手キーパーの視界を遮るのもオフサイドになるんです。これ、知ってましたか?

サッカー オフサイド

この判断を試合中にやるってゆうのは、今自信をもってできるとはいえないですね。経験が必要です。

サッカーのルールって結構改定されている

サッカーのルールって結構改訂となっているということも知りました。例えば、コイントス。子供の頃、サッカーをやっているときにはあまり気にしていなかったんですが、これにもルールがあるんです。

昔は、コイントスで勝ったチームは、陣地を選ぶことができました。しかし、今はボールを選ぶこともできるようになるようです。

あとは、ゴールエリアからボールが出ていない場合は、味方も敵も今までは入ってこれないというルールだったんですが、明らかにボールが動いたらインプレー(敵も味方もゴールエリアに入ってプレーできる)となるんです。

ゴールエリア インプレー

知っておかないと誤ったジャッジをしてしまいますね。

審判は常に「準備」を徹底。常に2個持つ。

時計もホイッスルも常に2つ。時計は、止めない時計と交代のときなどに止める時計と両腕にはめておいてください。」

「ホイッスルも、コートが2つ以上隣り合っているときに同じホイッスルを使ってしまうと選手が誤ってプレーを止めてしまうときがある。なので、音の違うホイッスルを2つ必ず準備。いいホイッスルを買ってください」

そこでオススメしていたホイッスルは、バルキーン(3,000~4,000円くらい)とドルフィン(1,500円~2,500円)。私はドルフィンをとりあえず買いました。

審判は、準備をしっかりしないといけないんですね。常に2個。。大変。ホイッスル比較の動画もあったので、比べてみてください。

(サッカー審判用ホイッスル比較|https://www.youtube.com/watch?v=kQxQdadyGjc)

暴言を言われる場合もあるが、そこはスルーでいい。

試合のあと、選手たちが「あのジャッジおかしいだろ!!」と言ってくることがあるそうです。その場合にも冷静に自分の判断に自信を持って「そんな話は聞かずにスルーでいいです。」とのことでした。

そこまで自信を持って判断ができる多く経験することが必要ですね。

はじめの5分で決まる

「荒れる試合もある。はじめの5分でちゃんとファールを取れるかどうかで荒れる試合かどうか決まってしまう。強いチームは、どんな審判かを見ている。これくらいなら許されるとわかるとどんどんエスカレートしてくる。はじめの5分で取れないと「なんでさっきは取ったのに、これだけ取るんだよ!!」と文句を言ってくることになる。

はじめの5分ちゃんとファールを取るようにしてください。そして、ファールを取らなくても「〇番、引っ張ってるぞ!見てるぞ!」とコトバでゲームを管理することも大事です」

この説明に、審判の重要性を考えさせられました。

最後は確認テスト

最後20問の確認テストが出題されます。出席確認みたいなものです。採点は自分で行います。私は70点でした。

2日後に合格メールが届きます。

4級審判 KICKOFF 合格メール

KICKOFFにログインすると、『あなたへのメッセージ』にも同じ内容のメールが届いています。

KICKOFF

KICKOFF 4級合格通知

まとめ

4級の審判講習会は、何度か練習試合や普段練習の中で審判をやってから行くといいかもしれません。そして、経験者であれば選手の立場からは分からなかった視点でサッカーを知ることができます。

ルールも結構改正されているということにも気が付き、私たちが考えているよりもっと意識を高く持つ必要があると感じると思います。

講習会は、実戦形式の話が聞けて非常に有意義な時間になります。意識を変えてこれからパパコーチとして一緒に場数を踏んで経験していきましょう!

1ヶ月後くらいに

  • 審判ワッペン
  • RESPECTワッペン
  • レフェリーノート

が届きました!

4級審判郵送物

4級審判郵送物

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で