AccessにExcelファイルとcsvファイルをインポート方法

スポンサーリンク

「Accessに取り込みたいファイルが見つからない」

と思ったときには、保存されているファイル形式と取り込む操作が異なっています。

ここではExcel形式のファイルとCSV形式のファイルそれぞれについてAccessに取り込む方法を図解で解説していきます。

取り込むファイル形式によって

Excelの場合

『外部データ』>『新しいデータソース』>『ファイルから』>『Excel』と進みます。

Accese Excel インポート操作画面

続いて『外部データの取り込み』画面に切り替わります。

ここで『参照』を押し取り込むファイルを選択します。ここでは『リンクテーブルを作成ソースデータにリンクする』を選択しています。(データ容量が大きい場合に選択をします)

ワンポイント
ここではExcelのファイルを取り込む操作です。もしここで取り込もうとしているファイルが表示されない場合には『csv形式』でファイルが保存されていないか確認をしてください。

Accese 外部データの取り込み Excelスプレッドシート画面

画面が切り替わったら『先頭行をフィールド名として使う』を選択し『次へ』。

Access スプレッドシートリンクウィザード

自分が分かりやすいテーブル名称(Access内左側に表示されるファイル名)を入力し『完了』です。

Access リンクしているテーブル名入力画面

csvの場合

csvファイルを取り込む場合には『外部データ』>『新しいデータソース』>『ファイルから』>『テキストファイル』を選択します。

Access テキストファイル インポート画面

『参照』を押し、csvが保存してあるファイルから取り込みます。ここではデータ容量が大きいため『リンクテーブルを作成ソースデータにリンクする』を選択しています。

Access テキストファイル インポート画面

続いての画面で『区切り記号付き』を選択し右下の『次へ』

Access

『カンマ』>『先頭行をフィール名として使う』を選択し『次へ』と進みます。

Access

続いての画面で『フィール名』や『データ型』を選択し『次へ』を押します。ここでよくあるエラーについては以下の記事で書いていますのであわせてお読みください。

これで完了しデータ突合ができるようになりました。

Access

まとめ

  • 取り込むファイル形式を確認する
  • Excelの場合には『外部データ』>『新しいデータソース』>『ファイルから』>『Excel』
  • CSVの場合には『外部データ』>『新しいデータソース』>『ファイルから』>『テキストファイル』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク