2020年1月13日

Accessで「式で型が一致しません」のエラーの解消する手順

スポンサーリンク

突合させるフィールドどうしのデータの型が一致していないため起こっているものです。

さっそく

  • エラーの原因
  • 解消手順

についてみていきましょう。

「式で型が一致しません」エラーの原因

クエリ内の結合フィールドにある各組み合わせのデータ型が同じであることを確認します。同じでない場合、結合フィールドのいずれかのデータ型をその他のデータ型と一致するように変更すれば、不一致エラーは表示されません。(MicroOffice公式HP『データ型の不一致に関するメッセージが表示される』より引用

つまり、以下の例の場合は結合させる『出席番号』のデータ型を合わせてね!ということです。

Access 結合ファイル例

さっそく、エラー解消の手順に進んでいきましょう。

解消手順

今回は容量の大きいcsvファイルをリンクさせる手順としてAccessに取り込んでいく手順となります。

ファイルを取り込む

『新しいデータソース』→『ファイルから』→『テキストファイル』と選択。

Excelであれば以下のは『Excel』を選択してください。

Access テキストファイル選択画面

『参照』を選択しファイルを保存場所を指定。『リンク テーブルを作成してソース データにリンクする』を選択。インポートするなら一番上の『データをインポートする』を選択してください。

Access データのインポート元とインポート先、またはリンク元とリンク先の選択画面

今回は『カンマ』→『先頭行をフィール名として使う』を選択しました。

access フィールド区切りテキスト区切り選択画面

『区切り記号付き』を選択。

access 区切り記号付き

ここが重要になります。

結合させるファイルどうしのフィール名とデータ型を一致させてください。

Access データ型選択画面

もう一方のファイルも同じように結合させるフィールド名とデータ型に注意しながら取り込めば終了となります。

Access リンクしているテーブル名 表示画面

それでもエラーが解消できない場合には、もう一度

  • 結合させるフィールドではないところを選択していないか

を再度確認してください。

スポンサーリンク

まとめ

Accessで『式の型が一致しません』のエラーはデータ型を合わせるのみです。
突合させる列のテキストが合っているかもう一度みてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク