Access
スポンサーリンク

「選択しているレコードの数が多すぎるため、一度にクリップボードにコピーできません。」

「コピーおよび貼り付けの操作を、いくつかのレコードごとに分けて行ってください。 一度に貼り付けることができるレコードの最大数は、約 65,000 です」

Accessで65,000行以上のエクスポートをした場合これらのエラーメッセージが表示されます。65,000行ずつコピーして貼り付けていたら時間がいくらあっても足りません。

このエラーメッセージは2つの手順で回避可能できますのでぜひ参考にしてください。

65,000行以上エクスポートできない原因

Access 65000行以上のエラーメッセージ

このエラーメッセージは、[書式設定とレイアウトを保持したままデータをエクスポートする] オプションを使用して、65,000 を超える行が含まれるテーブルをエクスポートできないことが原因で発生していると公式ページでは書かれています。

Microsoft公式ページ参考:65,000 を超える行が含まれる Access 2007 のテーブルを Excel ブックにエクスポートしようとすると、エラー メッセージ “選択しているレコードの数が多すぎるため、一度にクリップボードにコピーできません” が表示される

つまり、[書式設定とレイアウトを保持したままデータをエクスポートする] のチェックを外せばいいということです。

Excelのままでは容量が大きいとチェックボックスは外せない

多くのサイトでExcelのままでも、[書式設定とレイアウトを保持したままデータをエクスポートする] のチェックをオフにすればエクスポートが可能と書かれていましたが私は処理ができませんでした。

おそらくExcel形式でエクスポートを選択している場合容量が大きすぎるとチェックを外すことができないんだと解釈しました。他の方法として汎用性の高いcsv出力の方法を見つけられました。

65,000行以上をエクスポートする3つの手順

Access 65000行以上エクスポート

手順①:外部データを選択しテキストをクリックする

Excelではなくテキストファイルを選択してください。

手順②:txtをcsvに変更する

テキストファイルを選択すると末尾が「txt」となっているので「csv」に変換してください。

手順③:チェックボックスを入れずにエクスポート

チェックを入れずにエクスポートすると30万行など大きな容量でもエクスポートが可能です。

ぜひ参考にしてください。

この手順でエラーメッセージが出る場合、

クエリが保存されていないこと原因

かもしれません。クエリの上で右クリックで「上書き保存」して上の手順をもう一度試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク