2018年1月6日

ブログに目的を持たせて、具体的な方法を考えると気付くこと

スポンサーリンク

ブログを更新したいのになかなかできない。

と更新できないストレスはハンパないものですよね。私もそのストレスをどうにか解消できないかを考えて、執筆スピードを上げるという目的で本ブログを立ち上げることとしました。

その目的を達成するために何を意識すべきか、目標を掲げてどうなったか、をご紹介したいと思います。

本ブログの目的は1つ

私は、どうしても色々と余計なことも考えてしまい記事更新が滞りがちになってしまいます。頭の中だけで悶々と考えて記事を更新できないというのは、非常にストレスになります。

改善するには執筆スピードを上げることです。この1つのみを本ブログの目的と置きました。そして、執筆スピードを上げるためにはどうすればよいか。それは

  • 検索を意識しない
  • 読みやすさだけを追及する

の2つ。この2つについてちょっと考えてみました。

検索を意識しない。読んでいるのは自分だけ。

実際の検索画面で文字を打つ

上位サイトに出てくる内容を確認する

記事内容を考える

という作業をやってしまうと頭の中で「こんな内容を書かないといけないのか。」「もっと勉強しないと。調べてないと。」となってしまいます。

ですが、検索をせず読んでいる相手は少し前の過去の自分だけと設定することで、書きたい内容はグッと広がっていきます。とにかく

  • 過去の自分のみにターゲットを絞る
  • 過去の自分が解決してくれるかという視点

で書いていきます。

このイメージを持つと気楽に楽しくブログを続けられると確信しています。

難しく考えすぎると書けなくなってしまいます。しかし、「誰にも読まれない。自分だけ」と気軽に考えると頭のストッパーが外れ、スイスイと文章が頭から溢れてきます。執筆スピードに加えて毎日更新できるというだけでストレスも大幅に軽減されます。

読みやすさのみを追及する

CSSやHTMLなどの勉強ももちろんですが、もっともっと基本的な

  • 誤字脱字
  • 改行
  • 行間
  • 何度も声に出して読む

という基本が記事の内容だけに偏ってしまうとできていないことにも気が付きます。

記事は、何度も読み直すということまでしっかりできていないと読める文章にはならないとやっとわかってきました。今の自分のできる知識や経験より上のことをやろうとすると意識が記事の内容だけでいっぱいいっぱいになってしまいます。

しかし、今書けることを書くというスタンスだとハードルが下がり記事の見直しへの余裕が生まれます。つまり、読みやすさを追求するということは今の自分ができることを分かりやすく説明する力を向上させることにも繋がるなと思っています。

目的は執筆スピードを上げる。そのため1日1記事を目標とする。

今まで書いた

  • 検索を意識しない
  • 読みやすさのみを追求する

と2つは執筆スピードを上げるための方法です。この2つだけを考えれば良いということは非常にラクにブログを続けていくことができると考えています。そして、執筆スピードを上げて1日1記事を目標に掲げようと頭の中で考えました。すると

  • 頭の中で常に書きたい事や思った事を書き留めておこう。
  • すぐにでも書けるような状態としなければいけないという。
  • 仕事は何時までに終わらそう。
  • 何時に起きないと1記事は書ききれないな。
  • 毎回記事の最後には明日書く記事のテーマを決めないといけないな。

と、ドンドン連鎖した考えが生まれ逆算する考えにもなりました。常に頭の中を書きたい事で溢れさせておこうという考えに辿りついたのであとは実践していきたいと思います。

次回は、本ブログのカテゴリーをどうするかを考えてみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク