2020年11月6日

都立霊園の納骨を代行してくれるサービスとは?

スポンサーリンク
  • 都立霊園での納骨や法名・戒名彫刻の手順が分からない

念願叶って都立霊園でお墓を持つことはできたけど、納骨手続きで困っていませんか?

2040年には、葬儀業界がピークを迎えると言われており様々な代行サービスが提供されています。この記事では都内霊園の納骨代行は何をしてくれるのかについてご紹介していきます。

都立霊園で納骨するまでの手順

お墓

都立霊園では埋蔵ごとに手順が異なります。

一般埋蔵施設、芝生埋蔵施設、壁型埋蔵施設での流れを例にしてみますと

  1. 料金を支払い
  2. 使用許可証が授与
  3. 墓石の購入
  4. 墓石の建立
  5. 納骨式

という流れになります。

他にも合葬埋蔵施設、立体埋蔵施設、樹林型合葬埋蔵施設・樹木型合葬埋蔵施設のそれぞれの埋葬施設で手順が異なっています。また、都内霊園での注意点として

  • 申込資格が定められている
  • 別途費用がかかる
  • 墓地の使用許可日から3年以内に納骨

といったことも定められており、初心者ではなかなかすべてを把握し納骨までを完璧にこなしていくことは非常にハードルが高くなっています。

そのため、都内霊園で納骨の代行を戒名彫刻のサポートまで行ってくれるサービスもあります。

以下は都内霊園の納骨代行サービスを展開する「お墓のミキワ」様の個別ページへのリンクとなっておりますので、料金やサービス内容をぜひご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク