徹底図解解説!Excelで合計と割合が入った3軸を棒グラフと折れ線グラフで作る方法

スポンサーリンク

A社・B社・合計・A社売上割合の入った以下のExcelデータを

Excelデータ

以下のような複合グラフを作る方法をご紹介していきます。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

正攻法のやり方ではないですが、解決できたのでご紹介していきます。

3軸ある複合グラフの失敗例

A社とB社と合計という2軸であれば問題なくできます。しかし、第2軸に合計を選択した場合。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

合計を第2軸に置いた場合。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

Excel棒グラフと折れ線グラフ

Excel棒グラフと折れ線グラフ

Excel棒グラフと折れ線グラフ

そのため、折れ線グラフを第2軸として設定し、合計を非表示にできれば解決ができます。

合計と割合も入れて複合作る手順

合計値を消す

Excel棒グラフと折れ線グラフ

Excel棒グラフと折れ線グラフ

Excel棒グラフと折れ線グラフ

『A社の割合』を選択したままグラフを折れ線グラフに変えていきます。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

「すべてのグラフ」で折れ線グラフを選択。

 

Excel棒グラフと折れ線グラフ

すると、以下のように折れ線グラフに変更ができます。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

合計の枠線を消す

『合計』を選択したまま右クリック。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

『塗りつぶし』『枠線』を消します。

Excelの枠線選択画面

すると『合計』が消された以下のようなグラフが出来上がります。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

棒グラフの高さを変える

合計が抜けた状態の棒グラフは見栄えが悪いので、縦に伸ばす作業をします。左側の軸を選択し右クリックで『軸の書式設定』を選択。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

Excel棒グラフと折れ線グラフ

ここを「40.0」にしてみると縦に伸びて見栄えが良くなりました。

第2軸の単位を調整する

今のままだと折れ線グラフがA社とB社の合計である100%を超えた折れ線グラフのようになっているためグラフの中に収まるように第2軸の数値を調整していきます。

第2軸を選択。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

『軸の書式設定』を押す。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

今回のグラフの場合には最大値を「1.0」に変更してみました。

Excel棒グラフと折れ線グラフ Excel棒グラフと折れ線グラフ

すると丁度良い折れ線グラフの位置になりました。数値は見ながら調整をしてください。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

軸を非表示にする

軸を選択後『軸の書式設定』を選択。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

『ラベル』⇒『なし』を選択。

Excel軸の書式設定

軸を非表示にできました。

Excel棒グラフ

軸を削除してしまうと以下のように折れ線グラフが崩れてしまいます。そのため、非表示にする必要があります。

棒グラフ折れ線グラフの失敗例

整えて完成

折れ線グラフに数値も反映し見栄えも整った棒グラフと折れ線グラフの複合グラフが完成しました。

折れ線グラフに数値を表示させる方法は以下で図解解説しています。併せてご覧ください。

Excel棒グラフと折れ線グラフ

スポンサーリンク

まとめ

改めてまとめると

  • 『合計』と『割合』の入った3軸場合には合計を透明にする
  • 軸は非表示にする
  • 軸の単位を調整する

3軸以上の複合グラフは工夫をすればやり方は色々あります。正攻法ではないですが、もっとやりやすい方法見つかれば加えていきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク