Excelの折れ線グラフに凡例を表示させて見栄えを良くする裏技 

スポンサーリンク

折れ線グラフは何もしないとデフォルトだと凡例が下や横にあり見栄えが悪いです。

折れ線グラフ

凡例を折れ線グラフの端っこに表示させるだけで非常に見やすく変わります。

折れ線グラフ

この記事では

  • 折れ線グラフの凡例を折れ線グラフの端に表示させる方法

をご紹介していきます。

折れ線グラフの端に凡例を表示させる作業手順

データを範囲指定し、折れ線グラフを選択

折れ線グラフのデータ

折れ線グラフデータ『挿入』⇒『折れ線』⇒グラフ選択

折れ線グラフ

一番右のマーカーのみ選択肢ダブルクリックする

折れ線グラフ

この時全部のマーカーが選択されないように気を付けてください。

折れ線グラフ

全部選択いる状態だと以下のように全部に系列名が表示されてしまうことになります。

折れ線グラフ

右クリックして『データラベルの追加』を押す

折れ線グラフ

すると選択しているマーカーの数値のみ表示がされます。この数値はあとで削除します。

折れ線グラフ

『データラベルの書式設定』を押下する

右端のマーカーのみ選択されている状態で再度右クリックを押します。

折れ線グラフ

右側の『データラベルの書式』から『系列名』を選択します。すると『A社』という凡例が表示されるようになります。

折れ線グラフ

不要な数値は削除します。

Excel 折れ線グラフ

凡例を削除する

下に表示されている凡例は不要なので削除します。

折れ線グラフ

グラフの見栄えを整えて完成です。

折れ線グラフ

まとめ

  • マーカー選択は1か所のみ

を注意すれば見栄えの良い折れ線グラフが完成します。ぜひチャレンジしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク