Excelの絶対参照について解説

スポンサーリンク

Excelの絶対参照はデータ分析をする上でも基本の操作となります。

絶対参照とは?

絶対参照とは、数式を含むセルをコピーした場合、コピー先のセルに関わらず参照先が固定されるものです。例えば以下のようなに左側が相対参照、右側が絶対参照とあるとします。

相対参照の場合には、A4のセルに『=A2+A3』と足し算を入力をしたとすると、右にスライドするごとにセルの足し算も右側にスライドしていきます。B4であればB2+B3というように。

しかし、絶対参照では、F4に『=$F$2+$F$3』とキーボードのF4を押して$マークを付けると下の場合ですとF2+F3が固定されます。そのため、右側にスライドをさせてもF2+F3は固定されたままとなるため入力される数値も2のまま変わることがありません。

相対参照と絶対参照比較図

【F4を押して絶対参照とした図】

相対参照と絶対参照

まとめ

  • Excelは基本は相対参照で表示される。
  • 全てのセルで共通の範囲を指定したい場合、固定値を利用したい場合には絶対参照を設定する。
  • 操作はキーボードの固定したいセル数値の横で「F4」を押すのみ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク