超便利!Amazonアソシエイトでクリックされた商品やブログ記事を知るための設定方法

スポンサーリンク

Amazonアソシエイトのホーム画面でどの商品がクリックされているのか知りたいがわからない。

Amazonアソシエイト画面

『レポートの詳細をみる』を見てもクリック数は分かるものの詳細が分からないという状況でした。

Amazonアソシエイト画面

色々と調べた結果、Amazon画面ではクリックされた商品についての詳細な分析ができないと分かりました。

なので、自分のサイトから外部へ飛んだことを計測するタグを埋めることで分析ができると分かりました。それがGoogleタグマネージャーという非常に便利なツールでした。

この記事では

  • そもそもGoogleタグマネージャーとは何か
  • Amazonアソシエイトのクリック商品を知るための事前設定方法

について解説していきます。

Googleタグマネージャーってなに?

Googleタグマネージャー

タグマネージャーってイメージが湧きませんよね。松原潤一さんの『』という記事が非常に分かりやすかったです。

まとめるとGoogleタグマネージャーを1つ設置するだけで多くの分析ができるというものです。ブログ運営をする上では設置して損はないツールです。

Googleタグマネージャーを導入するメリット

Googleタグマネージャーで作成した『外部リンク』というタグで外部へ飛んだアクセス数を知ることができます

つまり、Amazonアソシエイトのリンクを張って実際に踏まれたアクセス数を知ることができるということです。

Googleアナリティクスの行動画面

他にも『内部リンク』のタグを作成すれば、内部クリックされた数も知ることができます。

内部リンクや外部リンクの計測タグを入れることにより分析し改善するヒントを得ることができます。

Amazonアソシエイトの詳細分析までにするべき3つの手順

やることは以下の3つ

  1. Googleタグマネージャーアカウント設定
  2. Googleタグマネージャーで外部リンククリックのタグ作成
  3. Amazonアソシエイトの設定

Googleタグマネージャーのアカウント作成

Googleタグマネージャーのアカウントは10分もあれば作成は完了します。以下の記事で方法や注意点について画像付で解説していますので、まずはアカウント作成を完了させてください。

外部リンククリックのタグを作成する

外部リンクのアクセス解析を行うためにGoogleアナリティクスのコードをGoogleタグマネージャーに設定していきます。

GoogleアナリティクスのIDコードが必要になるので事前にメモ帳にコピペしておくとスムーズです。GoogleアナリティクスのID確認はホーム画面の『管理』⇒『トラッキング情報』⇒『トラッキングコード』により確認できます。

Googleアナリティクス画面

以下の赤枠のトラッキングIDです。

Googleアナリティクス トラッキングID

それではいきましょう!

Googleタグマネージャーにログインし『新しいタグ』をクリック

GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクス設定

続いて左上に『グーグルアナリティクス(Googleアナリティクス)』など管理しやすい名前を入力。

GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクス設定

 

一番上の『ユニバーサルアナリティクス』を選択します。

GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクス設定

『新しい変数』を押します。

GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクス設定

つづいて左上に『グーグルアナリティクスの変数』と入力をします。GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクス設定

つづいて『Googleアナリティクス設定』を押します。コピペしておいたトラッキングIDも貼り付けます。

GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクス設定

完了したら保存を押します。

続いて『トリガー』をクリックします。

GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクス設定

『All Pages』をクリック

GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクス設定

トリガーにグーグルアナリティクスが追加されたら『保存』を押します。

GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクス設定

『公開』を押します。

GoogleタグマネージャーにGoogleアナリティクス設定 タグの説明を入れておきます。

設置してあったGoogleアナリティクスのコードは削除します。

管理画面で『外観』⇒『テーマの編集』

wordpress管理画面

テーマヘッダーを押します。

テーマヘッダー

</head>の直前に埋め込んでいたGoogleアナリティクスコードを削除し完了です。

Googleアナリティクスコード

 

Amazonアソシエイトのクリックされた商品や記事を知る方法

外部クリックの中でAmazonアソシエイトへクリックされた記事や商品を分析するための設定方法は以下の記事で解説していますので併せてご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ

  • 内部クリックや外部クリックが意外に踏まれていないならどうすればクリックされるか
  • なぜユーザーはその記事で外部へ飛んだのか
  • 埋め込んでいたGoogleアナリティクスのコードは削除する

意図していないキーワードの発見もあり、アクセス数アップにつながる施策が色々と思い浮かんできます。楽しくなてくるのでぜひGoogleタグマネージャーは設定することおすすめします!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク