2020年2月11日

自転車置き場の地面固めってどうやる?転圧機に変わるタダで行う方法とは?

スポンサーリンク

「DIYで自転車置き場に挑戦し始めたものの地面ってどうやって固めればいいの?」って悩んでいませんか?

地面を固めるには、『転圧』という作業が必要になります。転圧とは、『乱した地盤を固めること』です。やるかやらないかで見た目もボコボコ感もかなり変わってきます。

しかし、「なんかハードル高そう」と感じてしまいますよね。

そこで初心者でもタダでしっかりと転圧できる方法をご紹介していきます!

転圧をする目的は”地面を固めること”

転圧後の地面

地面を固める方法は転圧機を購入するだけではないです!

どんな方法があるのか色々と考えるのもDIYをやる上で醍醐味だなと感じました。

転圧の方法

下の表は下にいくほど、費用がかからない方法です。

費用 方法
5,000円くらい 転圧機を購入する
3,000円くらい 組み合わせて転圧機を作る(=DIYする)
タダ 自宅にある石で叩いてあとは踏みつける

転圧機は、ネットでも多く販売されています。直接購入するのが一番手っ取り早くて簡単です。しかし、その分費用がかかります。

また、転圧機をレンタルなら安いのかな?と探したところちょっと高いです。

では、転圧機自体を作っちゃおう!

とネット上で探してみると多くのブログやyoutubeがアップされています。例えば、DIYで転圧機を作った以下の記事など非常に面白そうと感じました。

しかし、必要な工具が不足していたので断念。工具も買おうとすると結構高いんですよね。残念でした。

次に考えたのが、ピンコロ石とジャッキを接着剤でくっ付けて叩きまくる作戦。この方法なら3,000円くらいでできそうだなと思いました。

いや、もっと安くできるのはないか?
最終手段は、自宅にあるデカい石で叩きあとはひたすらジャンプ。この方法ならタダです。

転圧をタダでもできる方法

地面に置いてある石

必要なものは

  • 自宅にある大きめの石(なければ近所に探しに行ってみてください。)
  • 軍手
  • 汚れてもいい靴

これだけです。地面を固めることが目的です。お金をかけずにできる部分は、体力と代替品でカバーしていきましょう。

DIYのベテランの方からすれば「えっ!?」って思われるかもしれませんが、奥さん目線からすれば「ありがとう!」ってなります。

ひたすら固める地面の上で石で叩いてジャンプ

地面に置いてある石

日頃の運動不足も解消できます。

地面

スポンサーリンク

まとめ

工具がある程度あり転圧機をDIYしてみたいということであれば、色々と組み合わせて作ってみることをお勧めします。

費用を一切かけずに転圧をやるんだ!

という同じ思いの方がいれば今回の方法チャレンジしてみてください。

続いては、地面を固めたあとはどうするのか?について解説していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク