一気に虜になる!バブリーダンス元キャプテン伊原六花の性格や考え方とは?

スポンサーリンク

年末の忘年会に向けて「何か面白いダンスでも覚えて披露したいなー」とアホなことを考えていたところたまたまバブリーダンスの動画を見つけ衝撃を受けました。時間を忘れ何度も見てしまいました。

すごすぎる!ってゆうか、2年越しの感動ってオレ遅れすぎてる。。

なになに?調べていくとキャプテンだった林沙耶さんは、今では『伊原六花』として多くのドラマやCMにも出演して立派な女優さんになってるだとー!!またまた驚きでした。

そして、伊原さんを知っていくにつれて人の予想を超えて感動を与えたいという姿に感動しました。ものすごく大きな魅力だなと思い一気に大ファンになりました。

とくにアツい気持ちにさせてくれた伊原さんのコメントを3つご紹介していきます。

伊原六花さんのプロフィール

まずは、プロフィールからザクっとみていきましょう。

本名 林沙耶
生年月日 1999年6月2日
出身 大阪府
出身高校 大阪府立登美丘高等学校ダンス部
血液型 A型
身長 160cm
公式サイト http://www.web-foster.com/pc/artists/Ihara/Rikka
公式Twitter https://twitter.com/rikka_ihara
公式Instagram https://www.instagram.com/rikka.ihara.official/?hl=ja

伊原六花さんは、バブリーダンスが大注目されていたので、高校でのダンスとの出会いが人生を大きく変えたんだなと思っていましたが違うんですね。

すでに小学校、中学時代から「ズボン船長」という「魔女の宅急便」の作者、角野栄子さんのミュージカルデビューをしていたということなので、エンターテイナーとしての素質はもう十分すぎるほどあったということで腑に落ちました。

公式のTwitterやInstagramでは、強いメンタルを感じさせないピュアで素朴な姿が見れるので、ギャップに萌えます!

センチュリー21のCMは伊原六花の魅力がめちゃくちゃ詰まってる

このセンチュリー21のCMは、伊原六花の魅力がめちゃくちゃ満載です。

これを見たときは、バブリーダンスのキャプテンだとは知らずに見たのですが「この子、素朴で透明感があって、わざとらしくなくとても自然な演技をしているな」とすごく好印象を持っていました。

あとで、「あの子だったんだ!!」と知り、内面からにじみ出てくる芯の強さと純粋な性格がそのまま出ている『新人営業マン』のキャラクター設定にぴったりだなと思いました。

一度見れば、虜になること間違いなしです!

伊原六花の現在の活動

出演ドラマ/映画

  • 『チア☆ダン』
  • 『明治東亰恋伽』
  • 『なつぞら』
  • 『DAM CHANNEL』(2019年4月~)

写真集

  • 『rikka』
  • 『sáu hoa』

 

 

スポンサーリンク

伊原六花の性格がわかる感動した3つのメッセージ

高校の3年間1つのことに夢中になれてすごく幸せだった

青春時代の高校生活は遊びたたかったに決まっています。それをダンスにだけ没頭して貫いた姿勢が素晴らしすぎる。

ダンスは基本裸足でやっているので、夏休みなんかは、地面が熱くなっている中何時間も練習し足の皮がむけて皮膚が厚くなった

といっていました。必死に汗をかいて練習に取り組んでいる姿が思い浮かびますよね。

自分は高校3年間にこんな熱中することができたか。ボーっと過ぎていたのに「自分には今はダンスが必要。」としっかりと分かっていたんですね。

今からでも自分が少しでも興味を持つことを一生懸命やろうと決意させてくれました。

90人を同じ気持ちに持っていくことは大変

キャプテンとして90人を同じ気持ちにして引っ張るってすごく大変でした。キャプテンとして練習中は前で全体を見なきゃいけないから練習はできない。だから、自主練をして追いつくようにしていた。

練習が追い付かず、顧問のakaneさんに「お前のせいでみんなに悪い影響になっている」と怒られたりもしました。

キャプテンとしてチームを引っ張った経験は、芸能界でも絶対活きてきますよね。

準優勝でも素晴らしい。

最後の大会で3連覇を目指してやったものの惜しくも準優勝。「準優勝は、登美丘高等学校!」と呼ばれた瞬間なかなか席を立てずにいたシーンはグッときました。悔し涙を流しながら、

準優勝でも素晴らしい。いい舞台で披露できて良かった。応援して下さった皆さまありがとうございました。

というコメントを話していて「この子は、なんてすばらしい子なんだろう。」常に前向きで周りを気遣う姿勢には脱帽です。号泣してしまいました。

まとめ

人の予想を超えられるほど努力をする。それが人の気持ちを動かす感動になると忘れていたことを思い出させてくれます。

自分はこんなにもアツく1つのことに取り組めているのか?まだまだ努力が足りないですよね。

伊原さんを見てあなたも何かアツい気持ちを思い出しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク