ブログ記事が書けない理由は?継続して書く考え方のポイントは『背伸びしない』

スポンサーリンク

完成がイメージできない記事を書こうとしていませんか?

ブログを始めると「毎日記事更新をしなきゃいけない!」という焦りが出てきますよね。会社から帰ってきて夜中になってもまだ1記事も書けずにネタ探し。。

めっちゃくちゃキツい状況ですよね。そんなとき、一度立ち止まって今の自分のレベルを大きく上回る記事を書こうとしていないかを少し考えてみてください。

自分の実力を上回る記事を書こうとすると、力が入りすぎてしまい余計に書けなくなってしまいます。

背伸びせず今できる実力で全力を出すということが、結構必要な考え方でブログを楽しめるキッカケにもなると先日娘が出場したチアリーディング大会での円陣で改めて気付かされました。

なぜ、円陣だったのか?をお話ししたいと思います。あなたが記事を書けるキッカケになれば幸いです。

泣ける!チアリーディングの「人を応援する」スピリッツ

観客

出場するメンバーは、どこのチームも大体全員が手を繋きながらの入場でした。収容人数1万人のアリーナは満員で観客席からは、敵味方関係なく「〇〇(チーム名)、がんばれ!!」の大声援。

その声援に笑顔で手を振り答えながらの、選手たちの入場でした。

応援してくれている仲間へ笑顔で精一杯手を振り、ありがとうと感謝を伝えている姿にはもう感動せずにはいられません。

チアリーディングの「人を笑顔に明るくするためには努力を惜しまない」というスピリッツがメンバーたち全員にあるんだなと実感しました。

演技前の『円陣』に鳥肌が止まらない

手を合わす

入場し、しばらくすると学校名(チーム名)がアナウンスされ、紹介されると円陣を組み始めます。

キャプテンが、ニコニコした笑顔でチームみんなの顔を見てメンバーは全員で手を合わせる。キャプテンの「やるぞ!」という声に対してメンバー全員「おー!!」という掛け声。

そして、ナンバーワンの指を天井に向かって突き上げ全員で天井を見上げる。一致団結した瞬間

円陣のあとは、隣の仲間の肩や背中をポンポンたたいて「頑張ろう!頑張ろう!」鼓舞し合いテンションを最高潮まで高め合います。

選手たちは、アドレナリンがドバドバ出ている状態です。

忘れられない円陣後の『覚悟した』表情

演技に入る前再び観客席に全員で手を振りながら会場を盛り上げます。

「もうやってきたことを出すだけ!」という覚悟の表情に変わります。

選手たち全員が、キラッキラの笑顔と全身で「楽しもう!」としている姿に涙が止まりませんでした。今できることを最大限に出してもうあとは楽しむだけ

そんな思いに、心が動かされました。

スポンサーリンク

まとめ

感動して涙を流したら、頭がリセットされ色々と自分を見つめ直すキッカケにもなりました。

背伸びせずその時できる力を精一杯出せば、見ている人の心は動かせると思います。綺麗な文章ばかりではなく、必死に今できることを出そうという想いは文章でも伝わります。

記事の構成や文章構成など、一生懸命学んだらあとは楽しんでアウトプットを繰り返していけば見てくれている人はいると信じて楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク