泣く男
スポンサーリンク
  • 吃音を理由に辞めることは甘えなのか。
  • 今の環境が辛過ぎるけど転職してもやっていける自信がない。

これら吃音者が抱える悩みにお答えします。

吃音者にとって辛いのは、周りが「当たり前」にやっていることができないということです

しかしその当たり前と思っていることは環境が変われば変わるものなのです。

KotaKota

人にはそれぞれ得意不得意があるので、環境を変えられればあなたの力を存分に発揮場所に出合えます。

この記事では、吃音者が働きやすい環境の見つけるのに知っておくべきことをお伝えします。

吃音で悩み続けた私だからこそ言える有益な情報となっていますのでぜひお読みください。

吃音を理由に部署異動や転職を希望するのは甘え?

はてな

結論ですが甘えではありません。

私は銀行に5年半勤務したのち、現在の会社に転職しました。今の会社の雰囲気は良く、成績も順調で現在10年目を迎えキャリアアップを図れています。

つまり環境によって、自分の力が発揮できるかどうかが決まるのです。

超一流プレーヤーも環境に左右されてしまう

平山相太

(引用:Jリーグ公式サイトより)

かつて「超高校級」「怪物」などと言われた平山相太選手。

オランダに渡りましたが、合わない環境で言葉を覚えられず監督ともそりが合わず調子を崩し1年で日本に帰国しました。その後のJリーグでもなかなか実力を発揮しきれないまま現役引退となってしまいました。

反対に伊藤純也選手は無名でしたが、ベルギーリーグのマッチした環境でできたことで成功を収めています。

日本代表でもエースとなりヨーロッパーの世界リーグからオファーがくるまでに注目さています。

活躍できるかどうかは、環境による要因が大きいのです。

吃音者が仕事を辞めたいと感じる理由

仕事疲れ

吃音者がどんなときに辞めたい、転職したいと感じてしまうのか代表的な3つを見ていきましょう。

吃音者が仕事を辞めたいと思ってしまう3つの理由
  1. 普通の事が普通にできない
  2. 吃音を理解してくれない上司や先輩からのパワハラ
  3. 後輩に超されてしまう焦りや劣等感、心の余裕がなく教えることができない

1つずつ見ていきましょう。

普通の事が普通にできない

KotaKota

1つ目は普通の事が普通にできないという理由です

周りの同期や先輩たちが何気なくやっている電話応対や自己紹介、朝礼などでの挨拶ができないと自己嫌悪に陥ってしまいます。

決まりきった言葉や言わないといけないというプレッシャーがあることで、吃音に意識が向き状況がさらに悪化します。

毎朝から吃音による失敗からスタートすることで、出社が非常に憂鬱になってしまいます。

吃音を理解してくれない先輩や上司からのパワハラや劣悪の人間関係

KotaKota

2つ目は吃音を理解してくれない先輩や上司からのパワハラなど劣悪な人間関係であるという理由です

吃音による理解がなく「もっとハキハキ元気よく話せよ」「お前そんなこともできねえのかよ?」「小学生でもできるぞ」などの言葉を浴びせられた場合、吃音者は追い詰められてしまうでしょう。

打ち明けられない職場の雰囲気の場合には、大きなストレスとなって出社することが怖くなってしまうこともあります。

後輩に超されてしまう焦りや劣等感、心の余裕のなさ

KotaKota

3つ目は後輩に越されてしまう焦りや不安後輩に教えられる余裕がないという理由です

流暢に話し人当たりが良い後輩が職場にきた場合、常に後輩と比べられます。

周りから常に監視されながら、後輩からもバカになれているようになど考えてしまうと非常にストレスになります。

自分で精一杯なのに教えたいけど自信がないという焦りから「辞めたい」という気持ちが強くなってしまいます。

スポンサーリンク

今の会社を辞めた方がいいケース

会社

吃音者が会社を辞めたい理由を3つ列挙しましたが、ここからは辞めた方が良いケースをご紹介していきます。

吃音者が今の会社を辞めたいと方が良いケース
  1. パワハラなどの要因で鬱症状が出てきてしまい精神状態が不安定
  2. 仕事内容が合っておらず、楽しいと感じる業務が1つもない
  3. 退職後の仕事が決まっていない

1つずつ見ていきましょう。

パワハラなどで鬱になってしまい精神的にきつい

KotaKota

まず「パワハラにより鬱症状が出ている場合」です

ずっとビクビクしてしまい会社に近づくと動悸がする夜も眠れなくなっているなどは鬱の疑いがあります。

もし鬱(うつ)症状が出ているのであれば、休職や職場異動、退職を検討をする必要があります。

仕事内容が合っていない。楽しいところがない

KotaKota

次に「仕事が合っていない」です

「実際に就社してみて全然違った」ということはよくあることです。会社の風土や業務内容など全く面白いと感じることがない肌に合わないという場合には転職を検討することもありです。

衝動的な考えではなく、見定めることは非常に難しい選択です。ある程度直感も信じてください。

辞めたあとの仕事が決まっていない

KotaKota

最後に「退職後の進路が決まっていない」です

状況によりますが辞めてしまったあと、勉強をするのか転職するのかが決まっていない場合にはもう少し考えた方がいいかもしれません。

働いていない期間が長くなってしまうと再就職するときに不利になってしまいます。

今の会社を辞めない方がいいケース

会社

次に辞めない方が良いケースをご紹介します。

吃音者が今の会社を辞めない方が良いケース
  1. 定期的に異動があり職場の雰囲気を変えられるチャンスがある
  2. 業務内容自体は嫌いではない
  3. 将来性がある業界である

異動が定期的にあり今の環境から抜け出せる可能性がある

KotaKota

まず「定期的な異動があり今の環境を変えられる可能性がある」です

定期的に異動がある場合には「2,3年我慢すれば良い」と思えるならもう1つの職場を体感してみて判断する方が良いです。 

私の場合には異動した先の職場がものすごく環境が良く、営業成績も上がった経験があるので「異動後の雰囲気を感じてから」と考える余裕があるのならもう少し辞めることを待ってみても良いと思います。

業務内容が嫌いではない

KotaKota

次に「業務内容が嫌いではない」です

職場の人間関係が嫌なだけで、仕事内容自体は嫌いではないというケースは辞めてしまうともったいないです。

異動希望を出すなどして別の環境でできる機会を相談しましょう。

将来性がある分野

KotaKota

最後に「将来性がある分野」です

どれだけ嫌な仕事でも、急成長している業界はお給料も上がるので長い目で考えるとメリットが大きいです。

お金のためにもう少し頑張れるのであれば、「まずは3年耐えてみる」ことを考えてはいかがでしょうか。

退職するときにやるべき5つのこと

タブレットやレポート

退職を決意したらやるべき5つのことについてご説明していきます。

退職をするときにやるべきこと
  1. 就業規則を確認する
  2. 退職届を作成する
  3. 引継書の作成
  4. 転職エージェントに登録
  5. 上司へ報告する

就業規則を確認する

【第50条  退職】
1 期間の定めのない雇用の場合、労働者はいつでも退職を申し出ることができます。また、会社の承認がなくても、民法(明治29年法律第89号)の規定により退職の申出をした日から起算して原則として14日を経過したときは、退職となります(民法第627条第1項)。(厚生労働省)

法律では14日後には退職できるとなっていますが、就業規則では1ヵ月などとなっている場合もあります。

私9月末で退職した際には、7月に初旬には上司へ報告していました。確認してみましょう。

退職届を作成

退職届は各会社でフォーマットが決まっています。

退職届の書き方などをインターネットでも調べ作成しましょう。

引継ぎ資料の作成

引継書は事前にコツコツ作成しておきましょう。

退職をするにあたって、立つ鳥跡を濁さずというように、担当業務の整理やデスクを綺麗にしてから去るように心がけましょう。

転職エージェントに登録する

転職エージェントへの登録は必須です。

転職活動は1人で行うにはかなり工数がかかります。面談の練習や転職先の紹介まですべて無料でやってくれます。リクナビNEXTへの登録はしておきましょう。

上司と面談する準備をする

準備ができたら、上司に理由や経緯などなるべく客観的に伝えるようにしましょう。

辞める覚悟がある部下を引き留められないということは上司も分かってくれるはずです。これまでの苦しかったことなど感情的にならない程度に吐き出して良い最後を迎えられるようにしてください。

スポンサーリンク

どうしても言いづらいときには退職代行サービス

ソーシャルメディア

どうしても上司に言いづらい場合や関係が劣悪な場合には、【退職代行ガーディアン】 などの代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービスとは、あなたの代わりに退職に必要なことをすべて引き受けて行ってくれるサービスです。

会社に行かずに退職までを代行してくれます。

まとめ

仕事や職場の雰囲気は合う合わないがありますし、環境は非常に大切です。

吃音者の方は相手の心を敏感に感じ取れる繊細さがあります。それ故、生きづらいと感じてしまうことが多々あります。

行動をすることは決断と勇気が必要ですが、どんな選択であれきっとうまくいくと信じましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク