パグが寝ている画像
スポンサーリンク

「寝たらまた『明日』がきてしまう。逃げたい。。」

「今日も電話応対で言葉が出なかった。お客さんに不思議がられてたな。なんで自分はこんなにダメ人間なんだ」

吃音という現実に向き合えず睡眠を削って、毎晩毎晩悩み続けていました。本当に苦しく、軽い鬱状態が続いていました。今考えると常に頭がボーッとして朦朧としている危険な状態でした。

寝不足により起こってしまうことは

  • 脳の機能低下
  • 疲労感
  • 意欲低下
  • 注意力散漫

これらが続くと事態は更に悪化し、対人恐怖症、SAD(社交不安障害)更に鬱(うつ)にまで進展してしまいます。

こんな嫌な記憶を忘れ辛い状態から抜け出していくには十分な睡眠が必要です。私もよく眠れるようになり精神状態が大きく改善しました。

辛い状況にいるあなたにこの記事では

  • 吃音を気にせずよく眠れるようになった方法

についてご紹介します。

記憶の役割

記憶の種類 役割
超短期記憶 4,5秒前の内容を記憶するための記憶
短期記憶 直前に詰め込む記憶
長期記憶 長期保存されている記憶

記憶は上の3つに分類されます。

この分類で一番下にある『長期記憶』へ分類されてしまうと良い記憶もイヤな記憶も残り続けることになります。

長期記憶となるメカニズム

脳

脳の中の海馬と呼ばれる部分は、フィルターとなり3つの記憶に振り分けを行っています。海馬は非常に重要な役割をしています。

海馬が長期記憶として保存をする基準は

  • 繰り返し頭に入ってくること
  • 重要と判断をしたこと
  • 印象的な事柄であったこと

の3つです。

印象的な出来事(ものすごく恥ずかしい思いをしたなど)で頭の中で何度も何度も繰り返し思い返すこと海馬は「生きるために必要なこと」と誤認識をしてしまい長期記憶として保存をしてしまうことになります。

そして、一度長期保存されてしまった記憶を少しずつ忘れていくためには、普段の「睡眠」が大きく影響しています。

レム睡眠とノンレム睡眠

  • レム睡眠(身体を休める)⇒筋肉の疲労を回復させる
  • ノンレム睡眠(脳を休める)⇒心のバランスを整える(ストレス解消・ホルモン分泌)

睡眠は、身体を休める以外に脳を休める役割を担っています。

嫌なことを整理し忘れるためには脳を休ませるノンレム睡眠を取ると苦しい精神状態が少しずつ和らぐのを感じます。

レム睡眠とノンレム睡眠は90分周期で訪れ、両方を2回ずつ取ることが重要となります。そのためには睡眠時間は最低6時間確保することを心がける必要があります。

睡眠不足を解消するためにやったこと

吃音で悩んでいた頃は、メンタルが弱っているので気力がなかなか起きません。しかし、厳しい言い方ですが自分でなんとか変わっていこうとする気持ちが不可欠です。

難易度別に効果があったことを書いていきます。

すぐに取り組めること(難易度★☆☆)

  • 暴飲暴食をやめる
  • 毎日最低30分の運動をすること
  • 寝る直前の喫煙や飲酒
  • 没頭する趣味を見つける
  • 仕事で自分の得意分野を必死に見つける

この中で最も大事なのは、最低30分運動をする習慣を取り入れることです。悩んでいることは走ったりウォーキングしたりすることでかなり改善します。

仕事から帰ってきて、かなりめんどくさいと感じますがぜひやってください。

周りの協力が必要なこと(難易度★★☆)

  • 職場でどもりを公表する
  • 友人に相談をする

周りに打ち明けるというのは相当勇気がいります。心を開くとポジティブな考えが生まれてくるので効果が大きいです。

効果があるがハードルは高いこと(難易度★★★)

  • 転職をする

一番効果があったのは、吃音を意識させてしまう不安要素をゴッソリ取り除くという方法です。銀行員として電話が常になり外線を取り続けなければならないという状況から離れることで心が安定しよく眠れるようになりました。

他にも自分に合った快眠グッズで睡眠の質を高めるということも取り入れてみてはどうでしょうか。

睡眠の専門家も絶賛!【スリープドクターズピロー】

100%天然の香り、眠れるアロマミスト

スポンサーリンク

まとめ

何度も何度も頭で思い返すことで嫌な記憶は長期記憶として定着してしまうので頭のリフレッシュには睡眠をしっかりととることが大切です。

苦しい状況だと前向きな考えがなかなかできませんが、まずは十分な睡眠から改善してください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク