2020年1月15日

Ponta WebにPonta会員IDの連携できないときのエラー解消法

スポンサーリンク

『[MLWIFB0004E] 申し訳ございません。ご入力いただいたPonta会員IDは、すでに「Ponta Web利用手続き」が完了済のため、受付できませんでした。』

というエラー。イライラしますよね。

この原因は、手元にあるPontaIDとPontaWebに登録しているPontaIDが違うということです。

PontaWebとpontaカード

このエラーの解消には新たなPontaIDとリクルートIDを紐づける作業が必要になります

それでは、詳しく解説していきます。

エラーの原因

『[MLWIFB0004E] 申し訳ございません。ご入力いただいたPonta会員IDは、すでに「Ponta Web利用手続き」が完了済のため、受付できませんでした。』

上記のエラーは、今登録しようとしたPontaIDが既に他のリクルートIDと連携がされているため起こることです。

つまり今PontaWebに表示されているのは過去に作ったPontaIDで登録されているということです。

今の状態を図解すると以下の赤枠で囲った状態です。

Ponta WebでPonta会員IDを登録しようとするとエラーが出る解説画像

(引用:Ponta Web公式ページ『Ponta WebでPonta会員IDを登録しようとするとエラーが出る』より)

一度連携されたPonta IDの登録は変更ができないという不便な仕組み

そして先ほどのように「じゃあ、PontaIDを変更すればいいのでは?」と思い付きます。

しかし、Ponta Webの公式ページにはPonta IDの紐づけ変更はできない書かれています。

一度 リクルートID に登録したPonta会員ID は、変更や解除、再度登録することができません。
(連携済のリクルートIDを退会された場合も再登録できません。)(Ponta Web公式|登録済みのPontaカード(会員ID)を変更したい(再発行など))

Ponta Web登録エラーの解決の流れ

以下の表で改めて整理をしていきます。

リクルートIDとPontaID、Ponta Web説明図

今、やろうとしていることはグレーアウトしたB+②→B+①とPontaIDの変更をしようとしています。

しかし、繰り返しになりますが一度リクルートIDとPontaIDを紐付けて登録をすると一切変更ができません。

PontaWebでは、A+①が表示されていますが、手元にあるのは②のPontaIDという今の状況です。

そこで、新規でリクルートIDとPontaIDを作りPontaWebの登録内容をC+③に変更することで解決することができます。

その手順を解説していきます。

ポイント反映されているリクルートIDとpontaIDを確認する

上記フローの①の部分からです。今見ているPontaWebのポイントのリクルートIDとPontaIDを確認してみましょう。

Pontaポイント加算のお知らせ

ログイン後『リクルートID会員情報』をクリックします。

Ponta保有ポイント画面

上部にリクルートIDが記載されており、

PontaWeb リクルートID情報

最下部にPontaIDが記載されております。

PontaWeb PontaID確認画面

持っているPontaIDと登録されているPontaIDが相違していることを確認する

この時点で確認すると持っているPontaIDと異なっていることがわかるはずです(上記フローの③です)。

そして、ログインしたメールアドレス(=リクルートID)と表示されているPontaIDの紐づけは変更ができないということで④の新規発行が必要となります。

新規でPontaIDを発行する

さて④の新規発行にうつります。方法としては、お店で発行するかPontaWeb公式サイトから作る方法があります。

PontaWeb Pontaカード発行ページ

(画像引用:Ponta Web公式ページより)

現在のPontaポイントが反映されているリクルートIDでログインすれば、Pontaカード新規作成した際に自動で連携がされます。

Ponta Webログイン画面

会員登録完了メールで新規Ponta会員IDを確認する

新規で会員登録が完了すると【Ponta Web】会員登録完了のお知らせメールが届きます。

PontaWeb会員登録完了メール

リクルートIDとPonta会員IDの登録内容を確認する

リクルートIDと新規作成したPonta会員IDの確認は会員情報変更ページで確認ができます。

Ponta Web会員情報

会員情報変更ページの下の方にスクロールすると『登録されているPonta会員ID』の記載がされています。

登録Ponta会員ID

これで完了です。Pontaアプリもあるので、PontaIDがメールで発行されればすぐに登録可能でポイント利用が可能になります。

スポンサーリンク

まとめ

もう一度まとめておきます。

  • 1つのリクルートIDにはPontaIDは1回のみ登録可能で、変更は不可。
  • ポイントが反映されているリクルートIDとPontaIDは『保有ポイントのお知らせ』のメールから確認可能
  • PontaIDを新規で発行しリクルートIDと登録変更することはPontaWebで可能。(Pontaアプリを入れればすぐにポイント利用も可能)

となります。

一度登録をしてしまったPonta会員IDを変更できないというのが結構やっかいです。

まずは、リクルートIDとの紐づけ変更が簡単にできるように仕様変わってほしいですね。

ホットペッパーグルメはポイントサイト経由で登録をすることにより、Pontaポイントに加えてポイントサイトのポイントの両方が付与されるのでおすすめです。

ホットペッパーグルメと最も相性が良いのはハピタスです。ポイントサイトへ経由(=ログイン)し今まで通りホットペッパーグルメを利用するだけです。

ハピタス ホットペッパーグルメ

ポイントサイトのポイントは溜まったら現金にも交換可能です。1回で60P(=60円)ですが、知らないうちに溜まっていたら嬉しいですよね。

塵も積もれば山となる精神でホットペッパーグルメを予約するときにぜひ利用してみてください。

お勧めのポイントサイトは以下の記事でまとめています。併せてどうぞー!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク