審判の手とイエローカード
スポンサーリンク

「審判ちゃんと見ろよ!今のファウルだろ!」

こんなプレッシャーをかけられたらやる気なくしますよね。

しかし少年サッカーと言えど、監督・コーチ・保護者たちの目は甘くありません。少しの気の弛みや知識不足により誤ったジャッジをして激しいクレームを受けることもあります。

この記事では、私が主審・副審含め100試合以上経験した中でよくありがちな少年サッカーのシーンをピックアップして公益財団法人 日本サッカー協会の22/23の競技規則をもとに解説していきます。

私の自己紹介
  • 高学年の市大会など含めた公式戦の主審を50試合以上経験(3級審判を受験予定)
  • 少年サッカー少年団指導歴4年
  • サッカー歴30年

サッカー経験者でも審判は別物です。はじめは笛の吹き方も難しいと感じますが、失敗を恐れずに経験していきましょう。

審判をやる上で最重要ポイントは「笛の吹き方」

審判と笛(ホイッスル)

長年主審をやっていて重要事項と感じているのは、笛(ホイッスル)の大きさです。

笛を「ピーッ!!」と大きく自信満々に吹いているだけで堂々としているように見えます。

大きく吹いているつもりでも大概小さいです。小さすぎます。自分が思っている3倍~5倍以上思いっきり吹くようにしてください。

普段の練習から笛の吹き方を意識しておくと練習も引き締まります。お勧めのホイッスルはバルキーンです。以下の記事でも解説していますのでぜひお読みください。

キーパー編:手放したボールを誰も触っていない状態で再びキャッチ

キーパー ボールキャッチ

ゴールキーパーが自分のペナルティーエリア内で、次の反則のいずれかを行った場合、間接フリーキックが与えられる。
・ボールを放すまでに、手や腕で6秒を超えてコントロールする。

・ボールを手放した後、他の競技者がボールに触れる前に、手や腕でボールに触れる。

・次のような状況で、ボールを手や腕で触れる。ただし、ゴールキーパーがボールをプレーに戻すため、明らかにボールをける、またはけろうとした場合を除く。

(競技規則12条:間接フリーキック)

キーパーは一度手でボールをキャッチして、一度地面に転がせたり空中に投げたりしたボールを再びキャッチした場合には間接フリーキックになります。

ですが、たまにキーパーがキャッチ後にパントキックしたボールがキーパーの頭上に高く上がり再度キャッチしてしまうことがあります。

それは「明らかにボールを蹴った」に当てはまるので反則はなしとなります。

バックパスやスローインを直接キャッチしてしまう

 ・ボールが味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされる。
 ・味方競技者によってスローインされたボールを直接受ける。

(競技規則12条:間接フリーキック)

間接フリーキックになるケースとしては上の2つも少年サッカーだと起こります。

特にバックパスは「意図的」かどうかの判断が難しいです。公式戦では「今のバックパスだろ!」と抗議を言われるときもあります。

ですが、主審判断ですので明らかに「キーパーにパスをした」と判断できないのであれば反則を取る必要はありません。

スポンサーリンク

フィールドプレーヤー編: 競り合いして足が引っかかって相手が転倒

少年サッカー 競り合い

競技者が次の反則のいずれかを相手競技者に対して不用意に、無謀に、または過剰な力で行ったと主審が判断した場合、直接フリーキックが与えられる。
・チャージする。
・飛びかかる。
・ける、またはけろうとする。
・押す。
・打つ、または打とうとする(頭突きを含む)。
・タックルする、またはチャレンジする。
・つまずかせる、またはつまずかせようとする。

(競技規則12条:直接フリーキック)

ゴール前にドリブルして駆け抜けていくシーンがありますが、相手競技者が不用意に後ろからプレッシャーをかけてしまい足が引っかかって転倒してしまった場合には直接フリーキックになります。

わざとではない場合でも、「不用意」「無謀」であった場合には直接フリーキックです。

相手にプレッシャーをかけたら転ばせてしまうかもしれないという注意や配慮があるかどうかになるので、難しいですね。

競技規則に定義が記載されているので確認しておきましょう。

・不用意とは、競技者が相手にチャレンジするときに注意もしくは配慮が欠けていると判断される、または慎重さを欠いて行動すること。懲戒の罰則は、必要ない。
・無謀とは、競技者が相手競技者にとって危険になる、または結果的にそうなることを無視して行動することで、警告されなければならない。(競技規則12条)

主審編:ボールに当たってしまった時の再開方法

サッカー 主審

ボールは、次のときにアウトオブプレーとなる。
・グラウンド上または空中で、ボールがゴールラインまたはタッチラインを完全に越えた。
・主審がプレーを停止した。
・ボールが審判員に触れ、競技のフィールド内にあり、次のようになった場合、
・チームが大きなチャンスとなる攻撃を始める。または、
・ボールが直接ゴールに入る。または、
・ボールを保持するチームが替わる。

こうしたすべてのケースでは、プレーは、ドロップボールによって再開される。

(競技規則9条)

主審がボールに当たってしまうケースはたまにあります。よく見ようと近くでジャッジする審判ならボールに当たってしまう確率が高くなります。

ボールに当たってしまった場合でも慌てずに、上の事案に該当するケースが大半なのでドロップボールで再開しましょう。

ゴールのときは笛を吹かなくていい

コーチ

次の場合、笛を吹く必要はない。
◦ 次の理由でプレーを停止するとき。
・ ゴールキック、コーナーキック、スローイン、得点
◦ 次の場合にプレーを再開するとき。
・ ほとんどのフリーキック、ゴールキック、コーナーキック、スローイン、ドロップボール

(競技規則P190)

ゴールされたことを分かりやすく伝えるために、笛を吹く審判もいらっしゃいますが競技規則では不要と記載されています。

ゴールインしたときはセンターマークの方向に示せば良いです。

頭で考えているだけでは上達しないので、失敗恐れず経験をしていくと緊張感でたくさん吸収できます。

ぜひチャレンジしていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク