綺麗な女性

どもりを抱えている今の自分が恋愛し結婚まですることはとてもハードルが高いように感じてしまいます。

しかしですね、本当に好きな相手と出会えたチャンスを『吃音』を理由に逃してしまうのは非常にもったいないことです。

私は勇気を持って告白し、5年の交際期間を経て23歳の時に結婚をしました。結婚生活13年が経ちます。

結婚前に妻に聞いたことがあります。「なんで結婚をしてくれたのか?」と。答えは「優しいから」です。「どもり」の要素なんて、全く関係がなかったんです。

この記事で

  • どもりは相手にとってどう感じるものなのか

について吃音者を持つ私の妻と話した内容をお伝えしていきます。



異性と付き合う上でたいせつなこと

リボン

「始めは「変な話し方するな~」と思ったりするけど、話始めさえ気にしなければ普通に話せるのでなんとも思わないよ。」

これが吃音持ちではなく好意を持ってくれた人(=妻)の意見です。

話し方や見た目は人の第一印象としてとても大事な要素です。しかし、どもっても一生懸命に話し感情を込めて話せば気持ちはしっかりと伝わります。

むしろ、妻に言わせると「誠実さが分かると傍で応援したくなってくる。守ってあげたいという気持ちが出てくる」というのです。

全員に好かれなくていいんです。好きな人にだけ好かれればいいんです。

吃音者に特有のモテない3つの理由

どもっている人はやっぱりその話し方からモテないのか。

吃音者はコミュニケーション障害のため、性格的にネガティブ人が多い傾向にあります。幼少期のトラウマや思春期で「どもり」をからかわれたことが精神的ストレスにより、考えがネガティブになってしまいます。

今の自分はどうなのかちょっと考えてみてください。

吃音は「忘れる」ことで克服できる!今すぐ自信をもてる7つの方法

⓵人前で一切話さない

やっぱ人の前で声が出せないというのは相手に印象が悪いかも。

それがどもりだというコミュニケーション障害の一つだとわかっている人ならともかく、知らない人からしたら、「ちゃんとしゃべれないとかな?」と相手をイラつかせることになってしまいます。

⓶暗い印象を与えてしまう

あまりしゃべることがなくて「無口でクールな人だ」という印象を持たれてしまうことがあったりします。

それで好感度がよくても実際に話してみたら、ごもごもしていて声がでてないとなる女性にとっては魅力が半減しまう要因になってしまいます。

⓷話を聞かない人と思われがち

どもりの人は自分が話すことに一生懸命になりすぎて相手の話を聞いていないと思われてしまうときがあります。

少し余裕を持ちつつ相手の話している時には聴くという姿勢も大事なことです。

女性にモテる人の特徴は

どもりの人でモテない人とモテる人が存在します。同じ症状なのになぜ違いが出てくるのでしょうか。

それは積極性でありポジティブな人です。

吃音者かどうかより、明るくて素直に気持ちを伝えてくれる人は単純にモテる人になります。

思っていることを口に出すというのはどもりの人にとって難しいことかもしれませんが、それを臆さずに素直に相手に伝えることで相手には好印象を持たれます。

それがどもりの人でもモテる理由です。

「吃音」は恋愛で重要視するか

吃音者の方に好意を抱いてくれるような異性の方は心の優しい方です。

無駄にペラペラ喋るより魅力的に写るというケースも多く一番は性格や中身。つまり、女性からみてどもりはそこまで重要視される点ではない。

「吃音」は結婚で重要視するか

どもりの人でも結婚しているという人は多いです。

「顔や年収がいい人がいい」と相手の外側で恋愛する人もいますが、やはり大事なのは中身ということになります。

さいごに

どもるからという理由でなにも言えなければ相手には何も伝わりません。どもっていても伝えようとすることが大事なのです。

その姿をみて、相手は自分の一生懸命さや熱意を理解しようとしてくれます。また相手からしたら守ってあげたくなると思ってくれる人も現れるかもしれません。

どもりでも普通に恋愛はできます!まったく人と変わらない恋愛はできるということです。悲観的にならずに積極的に少しずつポジティブ思考でいきましょう

絶対に逃してはいけない運命の人は現われます。そんな魅力的な女性に「告白したい!」という気持ちは絶対に出てきます。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう