2020年4月11日

サッカーコーチ1年目で知っておきたい!『戦わずに勝つ』孫子の兵法とは?

スポンサーリンク

せっかくやるなら、理想のサッカーコーチを目指したいですよね。

私も1年間サッカーコーチをやってみて「何がコーチに必要なのか?」とずっと自問してきました。そして、辿り着いたのがリーダーという自覚でした。

リーダーは何を考えてメンバーにどんな態度でいるべきか、その指針となる本を探していたところ世界のトップのリーダーであるビルゲイツさんや孫正義さんもビジネス本として愛読している『孫氏の兵法』を見つけました。

『孫氏の兵法』は、2,500年前に春秋戦国時代に小国である呉国の将軍として大国の楚国を破り天下をとった『戦わずに勝つ』という考え方がぎっしり詰まっています。

書いてあることは刺激的な内容ではありません。しかし、すべてがとても心に響きます。

この記事では

  • 理想のリーダー像を描ける孫氏の兵法の内容と知っておくメリット
  • 孫氏の兵法のサッカーコーチへの活用方法

について解説していきます!きっとコーチとしての指針になること間違いなしです。

サッカーコーチとしてやることは練習だけではない

サッカーコーチ

コーチを始めて気付くことになりますが、コーチとしてやることはサッカーを教えることだけではないです。

BBQなどのイベントでの仕切り役、合宿の同行、グランド整備、練習グランドの鍵施錠、父兄との情報交換などサッカークラブ運営面での活動が結構多く発生します。

そして、1番感じるのは父兄の方々の熱意です。練習はもちろんですが、試合で審判をやったときの精神的な圧力をはかなりきついものを感じます。ボランティアコーチであっても関係ありません。

コーチの1人として、リーダーの自覚を持って練習やクラブ運営に関わるにはどうすればいいのか?その考え方を知るには孫氏の兵法が非常に役に立ちます。

»»少年サッカーコーチ1年目に読むべきお勧めのコーチング関連本

孫氏の兵法の『戦わずに勝つ』考え方

孫氏の兵法は「どのようにすれば敵(=トラブル)に勝てるのか」について問題解決の方法が書かれています。13篇から成り立っており、主に3つのカテゴリーに分かれています。

戦う前の準備や心構え
作戦
謀攻
勝利に向けての体制づくり
実虚
軍争 実践でのリーダーとメンバーの動かし方
九変
行軍
地形
九地
火攻
用間

戦う前の準備や心構え(計・作戦・謀攻)

原文 現代文
之を経めるに五を似ってす 勝ち目を整えるには5つのことを使います

5つのこととは

  1. 正しいことを目指す
  2. グッドタイミングをつかむ
  3. ベストポジションに立つ
  4. 優れたリーダーシップを持つ
  5. みんなで協力し合う仕組みをつくる

コーチを始める前に、まずリーダーとしてどんな考え方を持っていなければいけないかがこれでハッキリとします。

原文 現代文
之を校べるに計を似ってし、しこうしてその情を索む 7つのシミュレーションを使いどちらに勝ち目があるか探る

試合に行った際に、相手のチームから見て自分のチームはどうなのか客観的に見るときに役立つ考え方です。

  1. トップは正しいことをしているか
  2. 現場をまとめられているか
  3. タイミングとポジションはよいか
  4. ルールは守られているか
  5. メンバーに戦う力があるか
  6. メンバーは訓練されているか
  7. 賞罰は公正正大か

利に向けての体制づくり(形・勢・実虚)

原文 現代文
善く戦う者は、その勢いは険しくその節は短し 戦いの上手い人は、勢いはすばやくタイミング取りはすばやい

準備をしっかりしてチャンスを待って動く。

怠惰な生活をせず、筋トレやランニングなど日々の体力作りをしっかりして、いつでも万全の状態で健康的な見た目をすることは非常に大切だと思います。

原文 現代文
善く戦う者は、人を致して人に致されず 戦いのうまい人は相手を動かし相手に動かされない

コーチを敵として考えるなら強みを避け、弱みを狙うこと。

自分の強みが、体力であるなら率先して練習でも試合でも審判をやり自分の強みを存分にアピールしていくことが重要です。

実践でのリーダーとメンバーの動かし方(その他)

原文 現代文
将に五危あり 将軍には5つの危険がある
  • やんちゃな人⇒やっつけやすい
  • 保身ばかり考える人⇒いいなりになりやすい
  • 怒りっぽい⇒おちょくりやすい
  • 真面目⇒恥をかかせやすい
  • やさしい⇒面倒事を押しつけやすい

自分がこの5つに当てはまらないか。人に操られないように、この性格と弱点を知っておくとリーダーとしてどうあるべきかのヒントをもらえます。

原文 現代文
兵に走る者あり、弛む者あり、陥る者あり、崩るる者あり、乱るる者あり、北ぐる者あり 軍には、逃げる者、たるむ者、へこむ者、崩れる者、乱れる者、負ける者あり

弱いチームの特徴は

  1. 強すぎる敵と戦う
  2. コーチよりメンバーが強い
  3. コーチがうるさすぎるとメンバーがのびのびできない
  4. 補佐役がカッとなりやすく勝手な行動をする
  5. リーダーが弱く、指導がダメ
  6. リーダーが考えなしに突っ込むタイプ

弱いチームとならないために、反対にどするべきかがわかります。

スポンサーリンク

孫氏の兵法のコーチへの活用方法

孫氏の兵法は、勝つことではなく負けない戦いをどうするべきかが言語化されて短い言葉でズバッと書かれています。

ボランティアコーチであっても、高い目標を持ち指針を持つことは非常に大切なことです。孫氏の兵法はコーチという敵に負けない考え方を学べる非常に良い本です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク