2019年6月4日

治験の副業は危険なのか?サラリーマンの私が通院タイプに参加してみた!

スポンサーリンク

治験って実際危険なのか?

約6か月にわたる通院タイプの治験に参加してみて治験は決して怪しいものではないという感想です。

この記事を読むと

  • 治験ってどんなことをやるのか?
  • 危ない薬を打たれて病気になるのではないか?
  • そもそもサラリーマンでもできるのか?
  • 治験期間中はずっと拘束されることになるのか?
  • 報酬はどのくらいもらえるのか?
  • 途中でやめることもできるのか?

こんな疑問が解消できます。

これから治験に参加しようとしている社会人のあなたに事前に知っておいてほしいことをお伝えします。ぜひ読んでください。

治験とは何か

化学合成や、植物、土壌中の菌、海洋生物などから発見された物質の中から、試験管の中での実験や動物実験により、病気に効果があり、人に使用しても安全と予測されるものが「くすりの候補」として選ばれます。この「くすりの候補」の開発の最終段階では、健康な人や患者さんの協力によって、人での効果と安全性を調べることが必要です。
こうして得られた成績を国が審査して、病気の治療に必要で、かつ安全に使っていけると承認されたものが「くすり」となります。

人における試験を一般に「臨床試験」といいますが、「くすりの候補」を用いて国の承認を得るための成績を集める臨床試験は、特に「治験」と呼ばれています。(厚生労働省公式HP 『治験とは』より引用

つまり、薬として問題ないことは確認できたけど最終的には人間を使って最終判断をしましょうというのが治験になります。

薬が世の中に出回るまでには「本当に安全だ」って言えるまで何度もテストをして安全性を確かめる必要があります。

治験ってどんなことをやるのか?

疑問を抱く 男性

治験には入院タイプと通院タイプの2種類があります。比較するとこんなイメージです。

参加してみて検討しましたが、私は通院タイプを選びました。サラリーマンの方(既婚者の方であれば尚更)となると入院タイプは正直厳しいかなと思います。

入院タイプ 通院タイプ
期間 短期間

(ex.3泊4日×2回)

長期間

(ex.毎月2回以上を6か月間)

特徴 学生多い サラリーマン多い

そして、両方ともに共通することですがその治験に相応しい人物かどうか事前検診を受ける必要があります。

自分が治験を受けたくても受けたい治験の基準に該当しなければ参加をすることができません。事前検診ではおよそ2~3時間ほどの時間を拘束されます。

そこでは身体測定や採血などの基礎検査を受けることになります。参加可否については後日電話またはメールが届きます

また、治験の参加後は12週以内は他の治験を受けることはできないというルールもあるので何の治験にするのか慎重に選定しましょう。

通院タイプの場合の治験スケジュール例

月の通院回数 特記事項
1か月目 6回 1回目のみ朝と夕方の2回
2か月目 5回
3か月目 2回
4か月目 1回
5か月目 1回
6か月目 1回

合計16回の通院となり、1回の所要時間は30分~1時間程度負担軽減費(報酬)は1回1万円でした。

1回目に治験となる薬を投与され血圧測定・採血・先生による診察が行われ、大きな体重の変化などがないか5回に1回くらいのペースで身体測定もありました。

通院をする日時や時間は指定されています。仕事の都合でどうしても都合が合わない日時があればスタッフの方に相談してみてください。私は、ほぼ毎回次の治験の時間変更を相談していました。

副作用のリスクもじっくりと検討

治験は、Aという商品と同じBという商品を作り、Bが本当にAと同じく安全かどうかを人体を通して検証するというものです。Aで大丈夫だからBでも大丈夫なはずです。

しかし、100%ではないので万が一体調不良が発生した場合には連絡をしてくださいと案内がされます。途中中断は報酬は減額されますがいつでも可能です。リスクもしっかりと考えてから進みましょう。

私は、不安も感じましたが最後は「社会貢献ができる」という前向きな気持ちがあり治験参加を決意しました。

スポンサーリンク

通院タイプの治験に参加してみたメリット・デメリット

ボード

 

メリット

  • 報酬が高い

病院に行き、採血と血圧と診察を受けるだけで1万円前後の負担軽減費(報酬)を頂けます。審査は厳しく人体へのリスクもありますが報酬の高さは魅力的です。

入院タイプであれば、かなりの高額なものもあるので学生の方や長期で休みが取れる方にとってはかなり割の良い副業と言えます。(ただし、20万を超える場合には確定申告が必要になります)

  • 体調管理を行える

先生の診察が毎回あり、「何かご不明点はありますか?」「体調で気になるところあるますか?」「採血の結果について説明させていただきます」など体調管理を行うことができます

「自分ってこの数値が高いので下げるにはどうしたらいいですか?」など先生にも確認をすることができるのでメリットは非常に大きいです。

  • 社会貢献

治験もボランティアの一環です。自分の体を使い世の中に役立っているという意識は気持ちの良いものです。常に健康な状態を維持して正値が出るように意識も前向きになります。

デメリット

  • 審査が厳しい

事前検診を通過したあとも都度状態を見て継続するかどうか選抜がされます。事前検診以降も体調管理には気を付けて風邪などをひかないように気を付けなければなりません。

先生からも「より平均的な数値の方を選定します。治験では、より平均的な健康状態の方が望ましいです。偏っているとデータも偏ってしまうからです」と説明されました。

報酬は高いものの拘束期間の長さを考えると妥当と言えるかもしれません。

  • 拘束期間が長くスケジュール調整が大変

通院する日時と時間まで決められているので急な仕事があった場合など調整が大変になります。特に1~2か月目は通院回数が多いです。

厳しい日時があれば都度スタッフの方に相談をして変更するなど調整をすることが必要です。

  • 検診内容が予想以上にしんどい

体への効果を検証するために、毎回採血をすることになります。何度も採血をすると血管が出てこなくなります。看護師さんの方にも「両腕とも血が取りづらくなってきましたね」と言われました。

なかなか採血ができずかなり痛い思いも何度かしたのでちょっとしんどさを感じることもありました。「採血がしづらくなってきましたね」と看護師さんにも心配されました。少しばかりの覚悟は必要です。

これらのメリット以外にもデメリットを理解できたら最後参加するまでの流れを見ていきましょう。

治験に参加するまでの流れ

治験に参加するまでのどんな流れで進んでいくのか解説していきます。

治験サイトに登録

わたしは以下の3つを登録しましたが、最終的にはサイト構成がわかりやすいVOBで申し込みをしました。登録をするとお勧めの治験などを教えてくれることもあり非常に親切で良心的なサイトだなと実感しました。

ただ、比較ができるので2つ以上の治験サイトに登録をするのがおすすめです。条件面が微妙に異なることもあります。良い方を選ぶようにしてください。

治験を選定したら応募をする

治験サイト VOB掲載内容

(VOB公式サイトより画像引用)

治験サイトを見て

  • 試験の概要
  • 主な参加条件
  • 実施する場所
  • スケジュール
  • 負担軽減費

を確認し自分に合いそうな治験を選定してください。

医療機関での説明を受け事前検診

医療機関で治験の説明を受け、事前検診。結果を待ちます。

本格的に治験がスタート

事前検診に問題がなければ以下のようなメールが届きます。

治験参加にご協力いただきありがとうございます。
事前検診の結果、参加をお願いしたく存じます。

参加の日時につきましては添付しておりますスケジュールをご確認いただけますようお願い申し上げます。
ご確認いただけましたら、以下URLより確認した旨の回答をお願いいたします。・・・(届いたメール抜粋)

ざっとこんな流れです。

まとめ

ざっくりまとめると

  • 入院タイプ(学生多い)と通院タイプ(社会人多い)
  • 報酬が高いメリットなどあるが、採血や万が一の副作用のデメリットなどもある
  • 治験はいつでも止めることができる

ですね。

「ちょっと恐い」と思ったらどんなタイミングで止めてもキャンセル料を取られることもありません。

治験内容を見てみて、体調や仕事などを考えやれそうかなと考えたら説明会にまずは参加してみるということでもいいかもしれませんね。

私は、通院タイプで何事もなく無事完了しました。投与しない案件もあるので、無理せずできそうだなって思った案件を申し込むようにしてくださいね。

他にもポイントサイトで1か月でお小遣いを稼ぐ方法もあるのでぜひご覧ください。

ポイントサイトを利用し会社帰りの隙間時間で1ヶ月3万円を得る具体的な方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク