表
スポンサーリンク

ピポットテーブルは、大量のデータを昇順や降順に並べてくれる優れものです。

今回やることは、

  • B列の最も低い番号に対応するA列の重複行を削除する(青枠だけ残したい)

Excel 表

今回の作業後以下の青枠のみを残すことができます。(グレーで削除前の行も残しています)Excelのピポットテーブルを使うと若い番号順に並べて、古い番号部分のみ削除することができます

Excel ピポットテーブル設定

この記事でわかること

  • ピポットテーブルの設定方法
  • ピポットテーブルの便利機能

です。5分で完了です!

重複している行を消すためにやる6つの工程

  1. ピポットテーブルの行に重複しているAとBを下の図のように入れる
  2. 値にはB列を持ってくる
  3. デザインボタンを押下しデザインをクリック
  4. 重複している箇所は空欄となって表示がされる
  5. Excelに貼り付ける
  6. フィルタを設定し空白を選択し削除

ピポットテーブルで作成する範囲を指定する

Excel 範囲指定

「挿入」⇒「ピポットテーブル」をクリック。

Excel ピポットテーブル

ピポットテーブル作成する範囲を確認する。

Excel ピポットテーブル

ピポットテーブルの設定

以下のように設定。

Excel ピポットテーブル

すると「行」には、グループ管理番号と番号が縦に並んで表示され、「列」には登録年月が表示されます。

Excel ピポットテーブル

値に入っているグループ管理番号は「合計」になっているので「個数」に変更します。

Excel ピポットテーブル

「値フィールドの設定」を選択

Excel ピポットテーブル

Excel ピポットテーブル

表のデザインを見やすく変更する

Excel ピポットテーブル

「表形式を表示」を選択。

ピポットテーブル

いかのような表ができますが、「集計」の行が不要です。

ピポットテーブル

ピポットテーブル 小計ボタン

「小計を表示しない」を選択すると小計行を削除できます。

ピポットテーブル 小計を表示しないボタン

ピポットテーブル

Excelに貼り付ける

値貼り付けを選択し、別シートに貼り付けます。

Excel

不要な行を削除し完成

番号は昇順に表示をすればピポットテーブルで自動で並べ替えてくれます。

Excel

まとめ

もう一度ザクッとまとめると

  • 不要な行を削除するにはピポットテーブルを利用する
  • ピポットテーブルの機能である昇順・降順を利用すると消したい重複行を選択できる

重複している行を削除したいときには、ぜひこの方法で解決してくださいね!

»»誰でもできる!ピボットテーブルでうまく並び替えができないときの超簡単対処法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク