2019年11月3日

トレンドブログのネタ選びとアクセスが集まる記事の書き方

スポンサーリンク

「トレンドブログ辛い。。辛すぎる。。心折れそう。。。」

質を保ちながらスピード更新を重視するトレンドブログは、本当しんどいですよね。

ブログ自体も初めてという場合には、なおさら苦痛なことだらけです。苦痛の中でも特に、どんなネタで記事を書くか?記事ってどう書けばいいのか?って最も悩むポイントではないでしょうか。

この記事では「とにかくトレンドブログを更新しなければ!」と燃えているあなたに、

  • アクセスが集まるネタの選び方
  • 選んだネタをどう記事にすれば差別化できるのか

の2点についてお伝えしていきます。

このポイントを押さえれば今よりも少し状況が上向くキッカケを掴めるはず。ぜひ!参考にしてください!

トレンドブログネタを探す上で知っておきたいこと

外国人女性が指でジェスチャー

せっかく時間をかけて見つけたトレンドブログの記事ネタを、ただの『ゴミ』にしないように意識するってとても大切です。

ゴミとはネット上の情報をただ集めただけの記事のことです。良いネタを見つけたのにそのネタにあなたの

  • 考えたこと
  • やってみたこと
  • 読んでいる方に対してプラスαで独自で加えたもの

が入っていないとせっかく書いた記事にオリジナル性が出てきません。

つまり、読んでいる方にあなたのことを何も伝えることできず他と同じことが書いてあるただのゴミ記事になってしまうということです

と言うのも、私も「とにかく更新すればいいんだ!」とただただ更新をすることが目的となり、まったくアクセスが集まらなかった過去があるからです。

夢中でやっているときは「なんでトレンドと言われるその瞬間で話題になりそうなことを書いてのにアクセスが集まらないんだろう?」と気付かないんですよね。

しかし、答えは明確でアクセスが集まる要素が入っていなかったからです。見つけたネタは、なた次第でどうにでもなるということを忘れないでください。

では、さっそくここからアクセスが集まるトレンドブログのネタの見つけ方と書く際のポイントをご紹介させていただきます。

3つの事例で解説!トレンドブログのネタの見つけ方と書き方

  1. アーティストのライブ情報は宝庫
  2. ファーストフードの新商品はただただ楽しい食レポ
  3. 原作本で狙うのは賛否両論が出そうなテーマ且つ映画化されるものを狙う

ここで挙げた3つの事例をさっそく解説していきます。

アーティストのライブ情報は宝庫!

ライブ会場で声援をおくるファン

トレンドブログの中でも、アーティストを狙った記事を書いている方も多いのではないでしょうか。

私は、三代目JSBという人気アーティストの特化サイトを作りトレンド記事を書いていました。書いた記事としては

  • メンバー個人についての過去の熱愛情報やプロフィール
  • グループの結成秘話
  • 各メンバーの個人活動情報

などです。とにかく思い付いたことを全部記事にしていました。

この中で最もアクセスが集まったのはライブネタです。アーティストの特化サイトを検討中であればライブ情報は必ず押さえてください

三代目JSBのライブ情報の場合には、事前に「〇月〇日〇時に重大な告知がある」という情報が発信されていました。メンバー個人のSNSからも情報が発信されるので常にチェック。

狙うキーワードは、『三代目JSB+ライブ名+グッズ情報』とか『三代目JSB+ライブ名+チケット取り方』などです。

記事に書く内容は、開催場所、開催日程、ライブ内容、メンバーからの告知、グッズ情報、チケット予約方法など。作成途中でもアップしていました。

情報は随時追加をして少しずつ完成させるイメージでいいと思います。いきなり完成を目指すと更新が遅れてしまいます。

トレンドはまず新情報を誰よりも早くアップすることが必要です。

もう一つ記事の中で工夫をすると収益が上がるポイントがあります。

例えば、ライブチケットの販売をアフィリエイトしようと考えた時「ライブチケットを買うならココ!」といってアフィリエイトリンクをそのまま置きたくなります。

ここで「ライブ日程ごとにリンクを置く」という一手間を加えるだけで収益が急増したりします。

以下のようなイメージです。

ライブチケットリンク置いたとき

(ちなみにその後、チケット販売アフィリエイトの中で高額転売がされていた事実があり私もすぐに外しました。)

むやみにアフィリエイトリンクを置くのではなく、「ライブチケット行きたかったのに取れなかった。〇月〇日のライブに行きたかった」という方にとって、明確に日程が書いてある方が助かるだろうな。」

という客観的な視点があるだけで収益がグッと伸びます。そんなちょっとの差で収益って変わってくるんです。

  • アーティストを狙うなら『ライブネタ』は必ず押さえておく
  • アフィリエイトリンクはユーザー視点に立つ。

ファーストフードの新商品はレポーターになりきる!

外国人女性レポーター

狙うネタをファーストフードの新商品に絞って食レポにもチャレンジしてみてください。

東京タワーでのタワーバーガーやロッテリアのでかいハンバーガーを食べた記事もアクセスが集まりました。

記事の書き方として参考になるのはサイトはロケットニュース24です。読んでいて面白くなります。

記事の書き方のポイントは、注文するときのドキドキ感や羞恥心、席に行くまで周りの人に見られたときの心境、店員さんとのやり取り、食べたときの感動、食べきった時の満腹感をとにかく細かく描写することです。

ホワイトボード

画像は必須で、動画があるとなおさら良いです。動画は、顔を映さなくても商品をiPhoneなどで映すだけでも臨場感が出て他の記事と差別化ができます。

しかも実際に体験すると、楽しかったことや感じたことなどを心の動きを感じ取れます。

ネット情報だけでは伝えられない事は、外に溢れています。気になったことを心の赴くまま楽しむことがすごく大事です。

  • ファーストフードの新商品を狙う
  • レポーターになりきる

賛否両論が出そうで映画化もされる原作本を狙う!

外国人男性と外国人女性の横顔

本が好きというなら、ネタとして映画化が決まっていて主観でも「賛否両論が出そうだな」という話題になりそうな原作本を狙ってみてください。

恋愛系やアクション系は、個人的に難しいかなと感じました。(しかし、恋愛系にも相当な知識があるならやってみるのも面白いと思います。)

本を読むという行為自体で、他の方と大きく差別化ができるのもメリットです。

ネット情報だけ拾っているブログには勝つことができます。しかも結構穴場です。

ここでのポイントはだれよりも早く読み切ることと、映画の公開日に観に行くということです。

ホワイトボード

書き方のポイントとしては、登場人物、あらすじ、ネタバレ、自分が面白いと思った一部分を原作本の記事で書いておき、映画のレビュー記事では感じた違和感、面白いと思ったことなど書いてみてください。

原作本を読んでいたからこそ書ける記事を書くことがポイントです。

  • 賛否両論がある映画の原作本を狙う
  • 映画も観て原作本との比較を自分視点で書く

【番外編】検索のキーワードをズラしてみる

「ががばば」と「がばがば」と書いたホワイトボード

人気シリーズである『世にも奇妙な物語』で、以前に『「ががばば」と検索してはいけない』というような事前告知がされかなりの話題になりました。覚えている方もいるかもしれませんね。

わたしはすぐに「えっ!?なに「ががばば」?「がばがば」?「がががば」?」と、なんと調べていいのかが分かりませんでした。

同じように検索ワードに迷っている人がいるかもしれない。

と思い、書いたところアクセスが爆発しました。記事の書き方というより、キーワードをただズラすだけでライバルが激減する例もあります。

  • 間違えそうな検索ワードであれば、間違えそうなワードで狙ってみる
スポンサーリンク

まとめ

トレンドブログは、とにかく自分の好きなこと、やっていて苦痛ではなく楽しめるネタを選ぶことがポイントです。

楽しまないと文章にもその雰囲気が滲み出てしまいます。

読んでいて楽しいなって思うのは、書いている人が本当に楽しんでいる記事です。

そして私のように人より要領が悪くセンスない自分でもできました。継続あるのみです。

ふと「あっ!コレ書きたい!」と思うならその直感でまず書いてみましょう!

絶対にゴールに到達できるので一歩ずつ進みましょう。

ブログ記事が書けない理由は?継続して書く考え方のポイントは『背伸びしない』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク