ビックイヤー
スポンサーリンク

2021年4月18日にスーパーリーグ構想が出され、大バッシングによりすぐに白紙になりました。しかし翌19日にUEFAからCL新方式が出され、2024-25シーズンから新方式になると突然の発表がされました。

監督や選手からは批判が相次いでいますが、現行と比較しどのような差分があるのか解説していきます。

現行のチャンピオンズリーグの仕組み

現行のCLは、UEFAが公式サイトでも公表している以下の条件を満たした32チームが出場しています。

  • UEFAランキング1位〜4位の国の上位4チーム(合計16チーム)
  • UEFAランキング5位〜6位の国の上位2チーム(合計4チーム)
  • UEFAランキング7位〜10位の国の1位チーム(合計4チーム)
  • 優勝チーム予選を勝ち上がったUEFAランキング11位以下の国の1位チーム(合計4チーム)
  • 上位チーム予選を勝ち上がったUEFAランキング5~15位の国の2位~3位チーム(合計2チーム)
  • UEFAチャンピオンズリーグ前年度優勝チームもしくはUEFAランキング11位の国の1位チーム
  • UEFAヨーロッパリーグ前年度優勝チームもしくはUEFAランキング5位の国の3位チーム

例えば、2020-21シーズンではUEFAランキング1位はイングランド(プレミアリーグ)、2位はスペイン(ラ・リーガ)、3位はイタリア(セリエA)、4位はドイツ(ブンデスリーガ)、5位はフランス(リーグ・アン)、6位はポルトガル(プレメイラリーガ)などとなっています。

このUEFAランキングにより1位のプレミアリーグの上位4チーム(マンチェスターユナイテッドやマンチェスターユシティなど)、2位のラ・リーガ(レアルマドリードやバルセロナ)、3位のセリエA(ユベントス、インテルなど)の各リーグ4位までがチャンピオンズリーグへ進めます。

32チームを8つのグループリーグに分けて、上位2チームの計16チームが決勝トーナメントへ進み優勝を争います。

現行との新方式のチャンピオンズリーグの違い

項目 現行 新方式
参加出場チーム数 32 36
リーグ数 8 1
決勝トーナメント出場資格 グループリーグ上位2チーム(計16チーム) リーグステージの上位8チームと9位から24位でプレーオフを戦い上位8チーム(計16チーム)
試合数 計125試合 計225試合

プレーオフとは、リーグステージで順位が決まったあとに9位~24位までのチームで残り8枠を争うための試合です。また枠も4枠増えて、UEFAランキング5位のリーグに追加1枠、前回優勝リーグに追加1枠、過去5年実績とUEFAランキング上位の国のクラブに2枠の計4枠追加されます。

なるべく人気クラブが決勝トーナメントに進めるようにチャンスを多く残す狙いがあります。

まだ賛否両論が出ていますが、UEFA会長のアレクサンデル・チェフェリン氏も変更は可能との見解を示しているので、今後変更される可能性があります。

スポンサーリンク

新方式による影響

試合数が増えることで興行収入は増えますが、選手たちのコンディション管理やケガへの配慮が必要です。サッカーの最高峰リーグの今後の動向に注目です。

欧州リーグが観戦できるDAZN

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク