ユニオンクエリ
スポンサーリンク

ユニオンクエリとは、複数に分割されているデータを1つにまとめられる機能です。

データが大きすぎる場合など分割されデータが格納されているケースがあります。その分割されたデータをコードを入れることで1つにまとめられるので作業効率が上がります。

すぐにできるのでやってみてください。

手順①:データをリンクさせる

ユニオンクエリ

結合させたいデータをリンクさせて、「作成」⇒「ユニオンクエリ」をクリックします。

ExcelやCSVをインポート(リンク)させる方法は以下の記事を参考にしてみてください。

手順②:ユニオンクエリボタンを押す

ユニオンクエリ

「ユニオンクエリ」をクリックします。

スポンサーリンク

手順③:コードを入れる

ユニオンクエリ

入力するのは以下のコードです。

SELECT * FROM リスト1 UNION ALL SELECT * FROM リスト2;

もし、「ユニオンクエリで選択した2つのテーブルまたはクエリの列数が一致しません」などのエラーメッセージが出てきたら同じ形式データではないので結合ができません。

ユニオンクエリ

手順④:データを保存する

ユニオンクエリ

データ容量によっては少し時間がかかります。完了後は結合したデータが表示されます。

そのとは、結合したシートタブの上で右クリックし名前を付けて「上書き保存」をしてください。

ユニオンクエリ

完成

ユニオンクエリ

クエリの部分に上書き保存した名前で表示がされるので、結合したデータを利用できます。

ちなみに3つのデータを結合するSQLコードは

SELECT * FROM リスト1 UNION ALL SELECT * FROM リスト2 UNION ALL SELECT * FROM リスト3;

結合することで作業効率が一気に上がりますので上のコードぜひ利用してください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク