2014年9月5日

なぜ妻の日は12月3日なのか?年に一度は感謝の気持ちを心から伝える日

スポンサーリンク

妻の日に感謝の気持ちと併せてプレゼントを渡すことができればきっと楽しい日になります。

私たちの安給料でも家庭を守り、料理を作り、子育てをしてくれている妻には感謝しかないありませんね。

この記事では

  • 妻の日の由来
  • 他にもある夫婦の日

についてまとめました


妻の日が誕生した理由

ビーチ カップル

妻の日は1995年に制定されました。

凸版印刷が印刷会社として、某クライアント企業から印刷の仕事を受け提案したことがきっかけ。今では日本記念日協会にも正式に登録をしている公式記念日です。

なぜ12月3日なのか?

12月は1年の最後の月に1年の労をねぎらい妻に感謝する日という意味で、12月は「1年で最後の月」と「感謝つまりサンクス」にかけて3日となりました。

1(良い)2(妻)3(サンクス)です。
夫の立場から「母の日もあるのになんで妻の日まで作られたんだろう?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、母=妻でありません。

年に一度母をお休みしてもらって女性として過ごしてもらう1日と考えてみるといいかもしれませんね。

いつも陰ながら家庭を支える妻の仕事をしっかりと理解し、それに対していつもありがとうという気持ちを表現する1日でもあります。

他の夫婦にまつわる記念日

恥ずかしくてもしっかりと感謝の気持ちを伝えましょう!

わたしは、結婚10年目のときにブログで思いを書いてみました。
結婚10年目を迎え夫の私から届けたいあなたへの感謝のコトバ

他にも夫婦にまつわる日って結構あります。知っておくだけで会話がはずみます。

  • 11月11日(おそろいの日)
  • 11月22日(良い夫婦の日)
  • 11月23日(良い夫妻の日)
  • 1月22日(良い夫婦の日)
  • 1月23日(良い夫妻の日)
  • 1月31日(愛妻の日)
  • 7月22日(仲良し夫妻の日)
  • 7月23日(仲良し夫妻の日)
  • 8月9日(ハグの日)
  • 8月10日(ハートの日)
スポンサーリンク

まとめ

実際に、夫婦は一緒に時間を過ごせば過ごすほど、感謝の言葉は伝えづらくなります。

こんな些細なことを大切にし、感謝の言葉を言い合えるような素敵な夫婦っていいですよね。

ぜひ12月3日も1年の中の大切な記念日として過ごしてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク