2016年9月25日

仕事に自信がないし怖い!そんな自分に衝撃をくれた「夢を叶える勉強法」

スポンサーリンク

「やればできる!必ずできる!」
実際に実現した人から言われたコトバだととても心に響くコトバではないでしょうか。

新卒のころ明日会社に行くのが怖いとビクビクしていた自分に雷が落ちてきたような衝撃。鳥肌が全身に立ちました。この本の著者である弁護士の伊藤真さんの熱意や強いメッセージはとてつもない力を持っています。

私は、吃音(どもり)で20年以上悩み苦しんできました。その影響からなのか、劣等感を強く感じ人と同じように話せない自分を恥じて隠そう隠そうと生きてきました。

しかし
「なんてちっぽけなコトで悩んでいたのか、バカバカしい!」
「そもそもの考え方が違っていたんだ!」
「このままではいけないんだ!いろんな視野を持とう」

と体中からプラスエネルギーが湧いてきました。

自信のないまま大人になり、社会人になり、日曜日の夜は大きな不安が襲ってくる・・・。。会社の上司、鳴り響く会社での電話の音を想像し、落ち込んでいるような人生なんてもったいない!

  • 今の自分に自信が持てない
  • 劣等感を感じている
  • 自分を変えたい
  • マイナス思考を変えたい

と思っているならこの本はかなりオススメです。

「夢をかなえる勉強法」から伝わるメッセージ

この本は、一見司法試験という難解な試験にチャレンジした頭の良い人のただの合格体験記だと思っていました。ですが、全く違いました。

日本で最難関と呼ばれる司法試験に合格するため、死ぬ気で勉強をやったからこそ書ける人生の教訓がたくさん記されているんです。

著者である伊藤先生は、東大法学部在学中に司法試験に合格したエリート。しかし、この本でエリートって元から頭が良いわけではなく多くの挫折や悩みを抱えながら困難を乗り越えているんだ、同じ人間なんだって思えます。

この本から、

  • 夢を持つこと
  • 夢をかなえるために努力をすること
  • 勉強をすること

というメッセージが伝わってきました。「夢」は決して理想ではなく現実に絶対必要なんだとわかるはずです。自分の夢を持つことで気持ちが前向きになり今の抱えている悩みは自然と消えていきます!

考え方が変わる、心が震える数々の名言をご紹介していきます。

やればできる!必ずできる!

冒頭でも書いた通り、心から叶えたい・達成したいと強く思うとそれは現実になるというコトバです。今まで経験したことを思い返してみると強く願っていたから叶ったことってないですか?

私は、銀行員として新社会人をスタート。電話応対や朝礼など決まりきった言葉を言うことがとても苦手で、同相当な劣等感を感じていました。

しかし3年目辛い営業目標(ノルマ)を達成したときに、周りの見る目が変わったんです。このとき、目標を絶対に達成してやる!と強く思っていました。強く思うことで行動が変わってきたんです。

今まで気になっていた電話応対でどもってしまっても、それよりその顧客から何が獲得できるかということを自然と重視していました。成績は日に日に良くなり、1日に何か1つ獲得するという目標を立てるようになりました。

必死さ前向きさというのは体の中から湧き上がってきて、それは人に伝わり、結果すべてプラスに転じてくるんだと感じました。

自分でもやればできる!必ずできる!と確信できたコトバです。

部分的な自分の弱点を全体視しない!一時的な失敗を永続化させない!

これは、自分の弱点があるからといって、それは自分のほんの一部なんだと気づかせてくれました。自分にはもっと良いところがほかにたくさんあります。

だれにだって、弱点はあるし普通だと見えている同期や上司だってそれを補うために必死なわけです。劣等感なんて感じる必要もないんですよね。

もしかしたら、上司があまり電話に出ないのも苦手だからかもしれません。何かに怯えて逃げているなら、自分から進んでやってしまえばいいんです。自分に自信をもつために前向きに取り組むことが大切!

とことんやる!全力でやる!

そこそこの力でやって失敗すれば結果は無になってしまう。100%出して失敗したら次に活かせる。

失敗したり、挫折をしたりしてしまったときそれをどう乗り越えるのか。その方法論を身に付けておくのが夢をかなえるためには重要。そのためには物事を表側だけではなく、裏側からも考えてみる習慣をみる習慣をつけておくことが大切。

(「夢をかなえる勉強法」引用)

全力で取り組むことで、邪念が消えていきます。一度全力で目の前の仕事に取り組むことで失敗しても自分の自信になります。私は、新人向けの研修講師を体験し、何度も模擬練習をしました。私の担当した研修では受講した新入生は100名以上。

本番は緊張で、どもったりもしましたが達成感・爽快感がありました。大きな自信につながりました。自己肯定感を持つこと。

自分だけのマニュアルを作っておく

情報を集め自分の頭で考える(「夢をかなえる勉強法」引用)

悩んでしまうときは情報量が足りていないとき、未解決だから起こるものだと思います。

私は、吃音についてネット上の多くの記事を読み、多くの本も読みました。
直接関係のないものもありましたが、すべて知識になり「吃音(どもり)」についてぼんやり見えてきました。

吃音は一種の試練です。人口の1%しかいない話し方にクセを持つ人間です。

ネット上にはなかなか自分の求めている回答はありませんでした。自分の悩みを解決をしたいなら自分で作るしかないとこのサイトを作りました。

自分で探しに行くしかないんですよね。そんな自分の作ったマニュアルが同じように悩む誰かの役に立てばすごく嬉しいです。

色々な体験をして何度もその状況をクリアしてきたのであれば、必ず目的地にたどり着けます。実際に悩みの根幹にある書籍を自分で読んでみることがオススメします。

不安要素は紙に全て書き出す

私はハッと思いました。そもそもの悩みってなぜ起こるのだろうって。
「どもるのが嫌だ➡︎なぜか?」ということです。

  • かっこ悪い
  • できないやつと思われる
  • 普通じゃないと思われる。

という具合です。なんか文字にすると「自分のただのプライド!?大したことないなー」と。

あなたも、一度なぜ今悩んでいるのか頭の中で考えていることを書いてみてください。きっと「なんで悩んでいるんだろう」って感じると思います。これといった根拠があって納得できるものってなかなか出てこないんですよね。

結局、今まで何年も悩んできたことって客観的に考えると大したことなかったりします。それに気づかせてくれました。

まとめ

「夢をかなえる勉強法」は希望を与えてくれます。そして、自己否定が一番の敵なんだとわかります。自分をもっと認めてあげることです。

  • 楽観的に考える
  • 様々な自分を持っておく

が重要とも最後述べています。

 

新社会人になり吃音で辛いと悩んでいるあなたにお勧めしたい5冊

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク